少しヤル気を出さないと、代車が無く成ってしまった。自家用車迄(;^ω^)\

交換のの案件だが、「叩く」(*´з`)!!!
10.jpg

粗出しは、スプーンで..........。上に大きく成らない様に。
11.jpg

均しは、三種類のヤスリハンマーを使い分け...............る。
池ノ上ドンも言って居る様に、ラインを弄らない様に上下の面修正でラインを造る。
12.jpg

今回は、急ぎなので鑢を充てずに、一気に仕上げ.............。
13.jpg

逆アールの面倒な面も如何にかクリアーして.............終了。
14.jpg

充て板加工して、鈑金しましょ(*^▽^*)//
殆ど使わなかった充て板が有ったので、加工して見ました。
一時流行った、絞り充て板(実際は其のままだと使えない代物)。
中々Eです(笑)マス目の溝が有る処が、鉄板の延びを抑えている気がするんだか、気の性か(-ω-)/

今回、下の充て板には三種の魂をぶち込んだ............いけるいけるて感じ \(*^。^*)/
充て板の形状って、大事だね!。皆さんも使い易く加工して見ませんか、お勧めですよ\(*´▽`*)/

15.jpg
少しヤル気を出さないと、代車が無く成ってしまった。自家用車迄(;^ω^)\

交換のの案件だが、「叩く」(*´з`)!!!
10.jpg

粗出しは、スプーンで..........。上に大きく成らない様に。
11.jpg

均しは、三種類のヤスリハンマーを使い分け...............る。
池ノ上ドンも言って居る様に、ラインを弄らない様に上下の面修正でラインを造る。
12.jpg

今回は、急ぎなので鑢を充てずに、一気に仕上げ.............。
13.jpg

逆アールの面倒な面も如何にかクリアーして.............終了。
14.jpg

充て板加工して、鈑金しましょ(*^▽^*)//
殆ど使わなかった充て板が有ったので、加工して見ました。
一時流行った、絞り充て板(実際は其のままだと使えない代物)。
中々Eです(笑)マス目の溝が有る処が、鉄板の延びを抑えている気がするんだか、気の性か(-ω-)/

今回、下の充て板には三種の魂をぶち込んだ............いけるいけるて感じ \(*^。^*)/
充て板の形状って、大事だね!。皆さんも使い易く加工して見ませんか、お勧めですよ\(*´▽`*)/

15.jpg
全体的にヨタヨタの状態でも、直るんですね(;^ω^)\

01959290cfdcfcb56ff0b69f94fb301d998e70d4b8.jpg

01f69f01e30457048979f50f6a6bdf9fdbcf22d601.jpg

01339d442ec82c89f7b55100e59c5a7336cb2fb8cb.jpg

01c952cd9371594324c17dbf6092be71b73343d448.jpg
おはようございます。
今日は、燃える様な朝日で目を覚ましました。
さて、朝日に元気を貰い頑張って遣りますか(*^▽^*)//

段取り済んでの第一弾スペイドのドア&クォーター鈑金です。
此の処、交換は影を潜め鈑金オンリーの日が続居ています。

保険とも言えない、悪徳改正で保険使用がめっきり減りましたね。
鈑金屋に問っては嬉しい限りですが、中々叩くのも難しい時代 !! 気合を入れて頑張ります。


a_2015100611420061f.jpg


チョット意地悪なドアですが、頑張って叩きましょ(汗)
ラインと言い、逆アールの面と言い.、伸び具合と言い.........
チョット油断するとお釈迦に成る案件かな。
c.jpg

裏を見ると凹みはビームから下に掛けての損傷。
充て板入らな~い(;^ω^)\
e.jpg

如何にか粗出し出来たかな?
道具が、岩手から届かないので道具待ち。
b.jpg

d.jpg

自宅に有った物では、此処までかな(。´・ω・)?
f.jpg
久々に叩きました。

今日は、長居するお客さん三人、ゆっくり出来ました(笑)
此のフェンダー硬いですね❢
仮合わせで叩いたので、チリが心配です(;^ω^)\
組んでチリが良ければ、ドア側の部分を軽く均して終わりです。
当たりが見えない(笑)目の衰えは効きますね。

ドアは流石に諦めました(笑)
IMG_6722.jpg

IMG_6723.jpg

此処の修正には手古摺りました。
硬いのが難気です、自由にならん(汗)
IMG_6726.jpg

筋状の凹みが逆アールでまともに充て板入らず(;´・ω・):::::::::。
ヤスリだと削り過ぎが怖いので、凸凹確認には鋸刃を使いました。
IMG_6739.jpg

IMG_6740.jpg

IMG_6745.jpg

IMG_6747.jpg
交換が鈑金に変わった。
駐車場から出て来た車と出合い頭の事故、相手は止まっていたと過失ゼロを主張。超過特約も当然使えない。
年配のおばさんの車両、見積35の負担は大きい。
リサイクル品を使っても20万は覚悟しなければならないだろうと、告げると。
直すとの返事。全て修理に切り替えて勝負だ。目指すは15以内

040_20141104170657e29.jpg

041_2014110417065834b.jpg

043_20141104170700a8c.jpg

045_201411041707014f3.jpg

取付けてから、合わせて均しでGO...........
046_20141104170703fdb.jpg

明日はフードが有る。
ヒンジが入らないと、合わせが出来ない。
明日貼ってくれればいいのだが?
軽は難しいですね。
今回は、左利きが欲しかった。
下側が逆アールに成ってるから、ライン下の丸みを正確に出さないと下の逆アールが決まらない。
まだラインに膨らみが有るのは、左右に引き足りないからかな。
明日の課題として、今日は終わります。

CIMG3231.jpg

CIMG3232.jpg

http://video.fc2.com/content/2014101713Vfp0JL

009_20141017184151dcd.jpg


CIMG3240.jpg

CIMG3241.jpg

CIMG3250.jpg

「お任せします」だったのに、見積が届いた。
爺の見積16万オーバーなのに<(`^´)>
此の鈑金180分との事です。余欲時間を30%見ると、126分って事ですね。
「鈑金とは、塗装屋がポリパテを軽く一回で下地が完成する様に成るまで仕上げる」
爺には無理........「私、鈑金しないから」って答えて遣りたい。

叩かせて置いて、後見積はねーだろー(--〆)無理無理無理
017_201410171803543a5.jpg
有難う御座います(^0_0^)/五本セット+盛り半田セット明日の便でお送りします。

暑かった話しか出無い今日この頃ですが、鹿嶋の夜は掛け布団が欲しく成ります(^_-)-☆
海風って涼しいんですよ、熱帯夜の皆さんは御愁傷様です。

そろそろ上がります。皆さん楽しい夜を御少し下さい(^^♪

043_20140807182651da4.jpg

044_20140807182652a13.jpg

045_20140807182654ed0.jpg

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション1-008
会議から帰宅、早々に鈑金の続き始めました。

001_20140801152923a57.jpg

剥離無で叩くのが俺れ流だけど^^;
002_2014080115292401f.jpg

003_20140801152926886.jpg

004_20140801152928cb5.jpg

流石に均しは剥離後が良いね。
005_201408011529294b2.jpg

電話回線切りたい気分、訳の判らない電話は辞めてほしい(--〆)

三時に冷えたブラックに砂糖入れて^^;旨いねー。
007_20140801174159f5c.jpg

8/2 追申・部品が入ったので合わせたら、合わない(-_-;)
左Frバンパサイドブラケツトの位置が微妙にズレる。
ヘッドランプで固定するタイプなのでランプとの兼ね合いも有り、叩き直した。
1㎜の狂いも許してくれないのは厳しいね。
チョットキツメにしないと、チリも出ない(--〆)


今回の鈑金に使用した物、手作り充て板の実験も兼ねて(^。^)y-.。o○
008_20140801174201a50.jpg
中腰の仕事は辛いね。
好きだから出来るけど、参った。
未だ、手が痺れている(~_~;)明日のゴルフでの言い訳に使えそうです(笑)

均し鈑金での小さな凹みを出す為の専用として作って見た。
平らな様だが、ちゃんと凸は作ってある。後は使って見てからの修正でOKだろう。

009_201406101525115b8.jpg

極端な凸は慣れないと延びに繋がる為、緩やかなアールの中に凸を作って見た。
この様な当板は使った事が無いので、試しが楽しみです。
010_20140610152514e56.jpg

でも、作るって大変ですね。
巧く行かなければ、苦労も「ポイ}で終わりですアレーって感じですね。
011_20140610152516e2b.jpg

ずーと温めていた案件ですが、挑戦してよかったと思って居ます。
後は、軟鋼で良いのか、炭素鋼に挑戦するかは先になりそうですね。
叩いて見た結果では、軟鋼の場合叩きが吸収される様な感じてす。

45Cのブロックを、削ってから焼き入れの方法が一番ですが、焼き入れも可也面倒な作業になりそうです。入れるのは如何にかなりそうですが、焼き戻しが1時間温度を保つと言う点で、専用炉が必用になるようです(ー_ー)!!
今日は、当て板作りから(^0_0^)

殆んど使わず、同じ物が二個有ったので、加工して見た。

硬いね!(^^)!大型のグラインダーでも大変!!!だ。
仕上げは、砥石切断機の腹で仕上げ、此れは便利ですよ。
003_20140524115134e65.jpg

定規を当ててR確認。
004_20140524115136f09.jpg
005_20140524115138cf7.jpg

サー始めよう(^。^)y-.。o○
007_20140524115141979.jpg

此処まで遣ったら左腰がイテ―^^;中断です。
当て板加工正解でした。大凡の均しはRの少ない物の方がいいね(~_~;)
矢張り、ハンマーより当て板重視でドンドン加工したい(^u^)//

此れからが問題だ、下のラインが巧く出せるかなf(^。^)y-.。o○
008_20140524115144144.jpg

ヤスリの新しい物では、削り過ぎるので、古い物を使って見た。
いいね。思った通り削る量が減ったヽ(^。^)ノ
010_20140524115205b27.jpg

此のラインと膨らみは難しい。
思った所に当たらない(汗)眼鏡も新調して再挑戦。。。。。。歳だね♀(-_-;);;
002_201405250906311c1.jpg

後一歩(-_-;)
部品を仮付けをして、チリを確認。
当て板の入らない所をスタットで仕上げて終了かな。
007 (2)

此処迄で思ったのは、技術より体力の無さを思い知らされた。
腰もさることながら、腕力握力も全然言う事を聞かない。
池ノ上さんでは無いけど、体力づくりをしないと後二三年で引退だね(-_-)zzz。
時間の流れを見ると((*_*;如何にサボって居るかが判ってしまう。
「オヤジの仕事する時間って少ないよね(~_~;)」同情を期待した言訳(笑)
来週は、車協本部・支部と総会続きだし(-_-)zzz

CIMG2465.jpg

ドアが開かない、取っ手が壊れた^^;;;;;
CIMG2469.jpg

ドアが軽くだが波打っているよ。
CIMG2475.jpg

此処までダメージあり。
CIMG2476.jpg

ドア開かない筈だ!(^^)!
CIMG2478.jpg

粗出し開始。
CIMG2482.jpg

ドアで押されて上の方まで入って居る。
CIMG2483.jpg

CIMG2484.jpg

遊んで見た~(^。^)y-.。o○
バックドア・テール・バンパーの三カ所で押されているので難しいね***。
CIMG2485.jpg

絞りは、相変らず切断機だぜf("。”);;
同しようかな<<◎◎>>腰が痛てー^_^;
CIMG2487.jpg

5月23日
叩く事にしたが、今日は此処まで!(^^)!アレーって程仕事してない。
ぜんぜんすすんでな~い(~_~;)
003_20140523171826858.jpg

012_201405231718292cc.jpg
炙り鈑金して見た(^。^)y-.。o○

結構延びてるよ。
高張力鋼板は「絶対絞っては駄目」??? 絞らないと治らないぜ(~_~;)!!!
001_201405081145599aa.jpg

此れ下の逆Rが効いてて、唯の炙りでは無理。
ヤスリハンマーとスプーンで凹みを軽く修正してから炙った。
もう少し下だったら「OUT」だったね^^;
006_201405081145565bd.jpg

007_2014050812044806f.jpg

008_20140508120452c01.jpg


009_201405081146033df.jpg


炙った上下を見ると、余り歪は出ていない様です。
022_20140508114609bd7.jpg

左の絞りは、下のトーチでは無理が有りそうです。
アセチレンで、1回絞りで終了かな。
021_20140508114606491.jpg

此のトーチにガスを満タンにした時の炎が軽の薄い鉄板に合っている気がする。
023_20140508114644163.jpg

マーマーかな(^u^)/
024_20140508163829e5b.jpg

写真を連続で撮る為、日付と時間を入れたカメラを用意したが。
来客や見積で忘れてしまいました(-_-;)
025_20140508163832f17.jpg

使用した工具。

絞りのガス溶接機が、幾ら探しても見つかりません。

先日の講習に持って行って、何処かに入り込んでしまった様です。
仕方なく切断機を使ったが、炎が絞れず悪戦苦闘です(笑)火を弱くすると絞りが中途半端に(汗)

此れを見ると、大きな絞りに見えるが、焼け跡を見ると全然絞りの段階では無いね。火口が大きく怖くて絞りきれない「過ぎ過ぎ」は禁物だから参ったぜ。道具は大切なして下さい(^。^)y-.。o○
031_20140508182320f95.jpg



最終的には、スタッドでの絞りで如何にか納まりましたが、
溶接機で無いと思った様に絞れませんね(泣)

当て板は、平目の方が綺麗に出易いですよ。時間掛かるけどヽ(^。^)ノ

今度は、当て板の形状を実験して見ます。
最、易しく出せる形状が有る筈ですから<`ヘ´>
029_20140508163837007.jpg

今回、炙り鈑金をして思った事。

今の鋼板は、炙りに向いている様な気がしました。

其れは温度の掛け方で盛り上がりが激しい点です。
急冷すると、盛り上がりが其のまま残り易い様な気がします。

炙りは、盛り上る力を利用しての修正ですから、ガス溶接機の火口を最小の物にセットし、チョット強めに火を入れて遣る事で線傷は簡単に修正出来ますね。

今回の様に、鋭く入った傷は、軽く線状の凹みは残りますが、軽い凹みでしたら綺麗に出ます(北海道の講習で実証済み)
線傷は、ハンマーは要らないですね(笑)火の調整がポイントかな\(^o^)/
鈑金って面白いね(^。^)y-.。o○
今日は理事会で2時に帰宅、明日から連休です。

Microsoft Word - ヤスリハンマー
試作中の物は、角度が難しい(~_~;)Rの種類が多いほど、広範囲の起しが可能と成るが何十本と言う訳にも行かないだろうから(^0_0^)5本位で纏めて見たい。
此れに棒状のお越しを5本も付ければ殆んどカバー出来ると考えているが、如何なるものか(^^ゞ
試作製作中(^0_0^)
試作はハードだね(~_~;)

001_201404071503032a6.jpg

002_20140407150305900.jpg

今月も休み無し、二十日からの九州旅行がお荷物(~_~;)
005_20140407154519aab.jpg
左から、半丸(断面半月)・平弓形・最極粗・平直・平直均し
010_20140407164059ed9.jpg

最極粗・塗料の上から粗出しをする事が出来る物。
3コートパールの塗膜でも、剥離無で、鈑金。
009_201404071640582cb.jpg

平直均し・均し用にバランスを考えた物。
008_20140407164057e3a.jpg

半丸(断面半月)・逆アールの均し用。
007_20140407164055c98.jpg

平直・長さを重視、鈑金にも使えるが、凸凹の確認用。
ヤスリ掛けの要領で軽く擦る事で、凸凹を見る事が出来ます。
以前は、波目ヤスリを使用して居ましたが、此方で十分です。
006_201404071640545ad.jpg

スプーン追加・重量が有るので、大きな鈑金に向く。
均しに使用する時は、重量が有るので軽く叩く事。
014_20140407164202095.jpg

従来のスプーンを加工。
先を薄くする事で、ドアのエッジ部分や狭い所の押出に使える様に成った。
当て板としても使用可能。
013_2014040716420139a.jpg

反りを大きくした事で、ドアの押出が有効に成った。
ボンネットの裏骨の間に差し込み、当て板としても使用可能。
012_20140407164200971.jpg

従来の反りの強いヤスリ。
ピンポイントの修正に使用するが、先を薄くする事でドアエッジ部分に近い所の凹みを押し出したり、当て板代わりに使う事も可能。
011_201404071641588ea.jpg

此れから先も、改良を加え時短に挑戦致します。
現在、スプーンを使用している方は、手前から1/3の先を反らせる事と、先を薄く削る事をお勧めします。
自損事故、負担軽減の為鈑金。(リサイクル部品が無かった^^;)
粗出しが勝負(^0_0^)

マスキングは、水を使うと簡単だぜ(^^)/
001_2014032711312769f.jpg


004_20140326120524ec4.jpg

005_201403261205211e8.jpg

アーチ部分の凹みが、素晴らしく改善されている。
糊は、裏から出すよりも可也有効だね。
フェンダーを外さない事も、巧く出た条件かな。
そして、驚いたのは、大きな凹みも大きく塑性変形して居ない点^^;
一発引いただけで、損傷具合が一変した。此れなら叩く気に成るんでは(^。^)y-.。o○
006_20140326120519683.jpg

此の糊は再使用^^;エコエコ!!!
008_201403261205144be.jpg

フードとのチリも一緒に出たー(^。^)y
009_20140326120620f4e.jpg

010_201403261206186ab.jpg

先の方もう少し均せば終了だね。
安く上げるには、短期で仕上げる必要が有るから、少し手間を省く事も(~_~;)
011_2014032612061531f.jpg

叩いているうちに、バテ研ぎ嫌いなので「サフで行くか」に変わる。
此の方が楽珍だね(^_-)-☆サフ入れ始めてから写真忘れた事に気付く(*_*;
塗装屋さんにも、とっても優しい鈑金だね(^0_0^)
013_20140326172424a63.jpg

今回はヤスリ掛けしなかった事と、一部手抜きが(~_~;)
もう少し叩けば良かった、パテの部分^^;
002_20140327113124803.jpg



バンパー修理ナウ。
015_20140326171905abd.jpg

此の金網をぶち込む。
外してすれば簡単なのに、オオチャク者(~_~;)
PPよりステンの網の方が早く熱く成るので、其処ん所を巧く利用すれば!(^^)!カンダネ////
014_20140326171908b39.jpg

マツダは、此の穴を正確に整形しないとガタが出てしまう^_^;メンドー。
016_20140326171903c4b.jpg

ディーラー見積22万⇒10万抜く心算で(^_-)-☆
大型のフロントパネルは手強いですわ(~_~;)
今回は、チョット頑張ったので途中の写真忘れた。

普通の当て板だと此処まで、スタットで引く事にした。
012 (2)

裏を切るか迷ったが。
011 (2)

深さ20㎜のクレーター、此れは絞れないね。
01.jpg

此奴で引いて、クレーターは残す事にした。
02.jpg

スタットで粗出し後廻りをだして、均しに入る。
スタットでも可也無理が有ったね(*_*;
小型車の様に全体に出て来ない。突起が増えるだけだった(泣)
003_20140320181436e2f.jpg

先に、半田でクレーターを埋める。
熱が入るので均しの障害になるから^^;
004_20140320181604b29.jpg

此の前に仕入れた、塩化亜鉛が見つからない(汗)
仕方ないの【夢物語】の半田で鍍金。
006_20140320181607480.jpg

盛りと【夢物語】の半田は融解温度が違い過ぎ。
如何にか誤魔化して、盛り終了。
007_201403201816098bd.jpg

本格的な均しに、スタットで始めたが硬くて巧く行かないぞー(/_;)
仕方ないので、当板を作り狭い隙間から突っ込んで叩く。
013_20140320181610452.jpg

もう此れ以上は、気力が続かない(--〆)コノヘンデ、ゴカンベン(-_-;)クダサイ。
014_20140320181612d1d.jpg

以前から、当板を作ろうと思い色々考えていたが、
鈑金には、ヤッパリ当板が重要な事を思い知らされた作業だったね(-_-;)

今回の作業で、弓形のヤスリハンマーと厚物のスプーンを簡単に加工して使用した。
此れ「いい」曲げの度合いで痒い所まで届くんだなー三種類も作って置くと最高だね(^。^)y-.。o○
特に良かったのは、スプーンハンマー(^0_0^)厚味が有るのでチョット加工すれば当板に使えるよ!(^^)!
今の車には珍しく、デッカイサービスホールが有りました(^。^)y-.。o○
矢張り、ハンマリングの方が気持ちEですね(^0_0^)ラインも出たし満足です。

005 (4)

004 (3)

006_2013121810040499a.jpg

005 (3)

004 (2)
何時も荒仕上げで終わりにするのは止めよう。
時間が有ったら自分の力を確かめる為にも、確り叩く事が大事だね。
腕は使わなければ錆びる。何時もピカピカにしておきたいものです。

008 (3)

I013_20130515082431.jpg

I014_20130515082303.jpg