細かい仕事が.....野暮用が.....で、遅れてます(/ω\)

パネルを付けると、ヒーターが入らないので先にシートを張りました。
此のシートは、再利用して見ましたが、如何ですか !!!
パズルのお遊びですが、1.5H頂きます((;^ω^))

IMG_1394.jpg

IMG_1395.jpg

IMG_1401.jpg

IMG_1402.jpg

IMG_1403.jpg
此の修理、幾ら出て来ますか^^;

DSC08156.jpg
旧車の修理は^^;頭が痛いね。
パテを剥がせば、穴だらけですよ。
予算が少ないので、赤字に成りそうです。
パテ埋めでは、芸が無いし(~_~;)
PQDSC05759_20130123174644.jpg

PQDSC07454.jpg
PQDSC07455.jpg
PQDSC07456.jpg
PQDSC07457.jpg
PQDSC07458.jpg

PQDSC07464.jpg
PQDSC07465.jpg
PQDSC07469.jpg
PQDSC07471.jpg
PQDSC07472.jpg
PQDSC07473.jpg
PQDSC07474.jpg

裏側の錆を確認し、錆の発生の無い部分を残しカット^^;
中にも錆が見られるが、此の位なら添加剤と錆止めで良しとするか(~_~;)
DSC07475.jpg

外した部品を見ると以前の修理痕が判りますね。
修理痕の周辺が可也広範囲に錆びているのが見て取れます。
PQDSC07476.jpg

最低、何らかの錆止めの必要性が見て取れると思います^^;
此れは、スポットの代わりにミグ溶接した場合も同じ事が言えるのではないでしょうか。ミグの8㎜穴を埋めるのには周辺5㎜以上に影響を与えている物と考えれば納得行くのでは^^;当然周りから錆が発生し易くなります(~_~;)新品部品にも言える事ですね(^0_0^)確りした錆止め処理を提案します(*^_^*)
PQDSC07477.jpg
パネル取替えを考える。

ワゴンR編、右のパネルをカットする事で右クォーターのへの影響を無くす。

バックパネルをカットするより、此の方法の方がメリットが多いと考えた。
カット溶接の長さ、裏処理の難しさ、寸法出しが容易である。

「現状に戻す」事は完璧には出来ないが、近づける事は可能ではないか(*^_^*)
時間との勝負、効率化を考えながらも、現状復帰への努力をする。
鈑金屋として職人として大事と思うが、如何でしょうか。

関連記事
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-77.html#more


全て鈑金で出来たが、お客様の要望で交換となった修理です。
画像001 283

画像001 280