接着剤で粗出し、スタットで仕上げ。

最初からスタッドで始まると、延びる量が倍位になると思います。

後の絞りを考えても接着剤での粗出しは有効では無いでしょうか。

いつも言っている様に「粗出しがポイント、粗出しで鈑金時間が変わる」
粗出しに時間を掛けても仕上がりは早くなるのです(^。^)y-.。o○。

005_2014050915425189e.jpg

引出す力は、糊の種類と温度の関係が微妙です。
009_201405091542552ea.jpg

百円ショップで売って居る「ネールリムーバー」で剥がす事が出来るよ。
糊の厚みや、温度で剥がれる度合が違って来るようです。
010_20140509154258b02.jpg

此の状態から、左側の凹みを修正し高い所を軽く絞ってパテでもいいかも^^;
014_20140509154408951.jpg

今回は、筋状の凹みを出して絞りを加えた修理でしたが、結構絞りが必要でした。
015_20140509154411143.jpg

鋭角な掻きキズを、完全ら修正するには此の状態から30分位は必要だね。
絞り過ぎても、上のラインが下がってしまうので要注意。
016_201405091544132fa.jpg
パテが必要だが、此処まで出るとは思わなかった!(^^)!

006_20140329153643aff.jpg

007_20140329153645c9b.jpg

008_20140329153647ef6.jpg

009_201403291536480c9.jpg