お昼です(^。^)y-.。o○
説明は後で、頂きまーす<(_ _)>

チョット面倒だが(~_~;)
018 (3)

切れる所まで切る。
020 (2)

最後が如何しても残るね
021 (2)

先っぽで薄くなるまで、切ると言うより削る。
後は刃の先をタガネと同じ使い方をする。
024 (2)

タガネを入れると変形するが、此れだとこんな感じ。
025 (2)

廻りの汚れは、エアーソーのオイル。オイルを付けると動きは良くなる(当たり前だが)
もうひとつ、ベルトサンダーで削り取る方法も有るが、其の時の気分で使い分ける(笑)

ホースメントは、ガッチリ着けて。
001 (2)

強度の為、必用以外は削らない。
002_20140926164108959.jpg

チョット粗っぽい削り(>_<)゛゛゛だね。
037_20140926164257641.jpg

鈑金担当終了。
明日は高松空港まで、飛んで来ま~す。
003_201409261641096cf.jpg
¥32,900のドアミラー修理(^0_0^)エコですね。

此の材料は、硬質PPなのか、半田こてで溶かし込んだだけで、
十分な強度がありました。

力の掛からない部分なので修理が正解ですね。
此処まで、材料工具の準備を入れても40分位かな、
付けるだけだと10分で出来ます。

011_201404171051590da.jpg

取付ける部材を炙って、形状を合わせてから取付けです。
014_20140417105157685.jpg

裏側の溝にカバーが入るので、内側も平らに仕上げました。
015_20140417105155e2e.jpg

最初は、型取君を使おうと思いましたが、面倒なので(~_~;)
何時も言う様に、こての温度管理がポイントですね。
017_201404171051525c4.jpg

接合部分が黄色く成ったのは、取付けた部材の方が塗料で侵されていた。
強度には関係ない様です。
奥のミニサンダーPPの仕上げに毛羽が立たないので最高ですよ。
018_20140417110612f37.jpg

裏側の溝まで損傷して居なかった事が幸いでした。
020_201404171103134e5.jpg

皆さんも、ばんばん直してエコで利益を上げて下さいヽ(^。^)ノ