市野さん、星野さん、有難う御座います(*^_^*)

本日発送完了。明日には着くと思いますので宜しくお願いします。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-291.html

http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1060.html

仁平さん、小川さん。明日発送致します(*^_^*)v
製作依頼の工場に夕方引取りに行って来ますので、チョイお待ち下さい^^;;;
小川さん、「ミミー」試作品も送りまーす(^_^.)

スプーンは80組限定販売ですので^^;売切れご免でお願いしますf(_ _)>v
お問合せは、ブログ右下の「メールフォーム」からお願いします。

その他のご予約頂いた方、確認出来ない場合も有りますので、念の為再度「忘れるな」の連絡をお願いします!(^^)!

新しいベース完成。

今迄は、強い引きやスライドハンマーでの衝撃で、穴の部分が裂けてしまいましたが、折り返しを付ける事で強化しました。
計算上は倍の衝撃に耐えるはずです^^;。もっと強くするには、穴の衝撃が加わる部分に追加スポットをお勧めします<(_ _)v
追加で、0.6㎜0.2㎜を追加予定ですが提供びは未定です。薄い程半田の量も使わない為有効と思いますので、試験を重ね提供したいと考えています。

絶えず良い方向にを目指し、他に負けない効率を追求して行きたいと思っていますので、今後とも宜しくお願いします。

皆様が「夢工房企画・高田の爺」と付合って後悔しないよう頑張ります(^0_0^)。

PQP1000606.jpg
有限会社 タケモト車体
竹本 行雄 代表ブログ紹介。

石川自動車車体整備協同組合・理事長
石川アウダ会・会長
BSサミット・会員

爺よりチョイ年上だが、全国を廻り後輩の指導に積極的に活動しています。
ヤスリハンマーを使わせたら天下一品、其の速さには驚きである。
是非、実感して下さい!(^^)!。
http://takemotobody.blog95.fc2.com/blog-entry-884.html
鈑金用のスプーンハンマーも年内完成予定(*^_^*)
今迄、ご愛用頂いた初代スプーンを改良致しました。

先に初代をお使いの方には特別価格にて提供致しますので、宜しくお願いします。
ステンレス鋼を使用している為、永い間錆等に囚われずご使用頂けます。
お問合せは、右下のメールホームからお願いします。

P1000587.jpg

傷を付けない様に叩く時に使うと下記の写真の仕上がりに成ります。
今回は、使用しなかったが、潤滑剤を塗って使用すると効果抜群傷が付かないよ(*^_^*)v
PQ076.jpg

P1000590.jpg

P1000591.jpg

P1000592.jpg

P1000593.jpg


此方を使用すると、叩いた時の当たりがマーキングされるので、当て板の位置が一発で判るので的確な鈑金が出来る。無駄な叩きをしない為に伸びを防ぐ事が出来、且つ時短にもなる(^0_0^)
P1000525.jpg

P1000595.jpg

P1000597.jpg

P1000599.jpg

叩いた痕がハッキリ判るのが、此奴の良い処!(^^)!
P1000600.jpg

此処も
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-291.html
正月の準備着々進行中(^0_0^)
もう直ぐお正月ですね、今年は早目の準備です(^_^.)
もう頑張りしなければ成りませんが(*^_^*)皆さんも頑張って下さい。
P1000588.jpg
PQDSC05697.jpg
PQDSC05698.jpg
過去のページ紹介
半田引出板金の初期に作品です。

「出来るだけ小さく」
目指しのは、「出来るだけ小さく」此の努力が鈑金を変える。
小さくする事で大幅な時間短縮を可能にした。

夢工房企画2012-165
久し振りにヤスリ鈑金で叩いてみた。
目も感も落ちたね(^_^.)
新作の重いスプーンも試して見たが、良好。軽く叩く事で修正が可能。
強打すると逆にマズイ結果が出る気がする。伸びる事に注意したい。
P1000540.jpg

P1000543.jpg

P1000544.jpg

先ずは粗出しから、新作の治具を試して見た。
損傷が小さいので今一結果が出ない。其れなりには出た。
P1000548.jpg

変なラインが有る、確りしたラインで無いのが難しい(~_~;)
P1000550.jpg

ハウスのラインは【ばんばん】で引いた。結果は良好確りとラインが出来たぜ!(^^)!此れは手動と違い平均的に引く事が出来る【ばんばん】では出来る技ね!(^^)!此のラインを正確に出す事で、上の凹みは殆んど取れた。ウネリを軽く修正する事で完了。
此の状態から、120番を使うと下の様になる(^0_0^)
P1000556.jpg

下部の鈑金は、当て板にパイプを付けた
P1000554.jpg

此の外板、薄いヤスリハンマーも軽く叩く事に注意を払った。
P1000557.jpg

二時間叩いた結果、此処までなった。
P1000558.jpg
今回も試作現場に立ち会い。

打合せ後、早速試作に取り掛かった。先ず図面の確認をして、材料を選出。材料に寸法を罫書き切断、図面通りに削り形を整える。穴を開け、溝を作り高ナットを溶接した。
単純な作業だが、熟練の技を垣間見る事が出来る、削った合わせはピッタリだ。
パッパッて短時間で出来ると思ったら、相手はステンレス、硬く加工が面倒だとの事。穴を開けるにも硬く粘りが有る為軟鋼の倍は掛かるとか。
40分足らずで完成。此れから使用して、変更点を探し発注となる。

自社の対応単価で試算して見た。
6200で40分4133と出た。此処に材料費が加わると原価が出る訳だが、今回は破材なのでボルト代のみで済んだ。単価は忙しいので後にしてと言われ他ので、正確には出ていない。

今回感じたのは、外注だと可也の出費が掛かる事。矢張り職人の手間は高いですね。職人⇔鈑金塗装担当者ですよ、今回は鈑金屋の対応単価で計算したのですから(*^_^*)(笑)

PQP1000529.jpg

PQP1000528.jpg

上下の先端部分を見て頂くとアールが付けて有るのがお判り頂けると思いますが、50tプレスの威力は凄い物です。55㎜幅・厚味6㎜を微妙に平均して曲げる技は機械と腕だろう。
PQP1000526.jpg

取っ手部分のプレスに寄る曲げ加工。
出来るだけ傷が付かない様にガムテープ養生してますね。加工には傷は付き物ですが、出来れば無い方が良いですよね。(小々は仕方がないね)
PQP1000521.jpg

ピッタリでしょう(^0_0^)此れが職人ですね。爺ではこうは出来ません(~_~;)
PQP1000533.jpg

今回のスプーン貸出品有り。微妙なアール物と無化工物二点をセットで五セット用意致します。希望者には此のブログのコメントかメール欄から連絡先を記入して、ご連絡下さい。鏡面仕上げの物は貸出品は御座いません。御了承下さい。FAXの場合はMaleアドレスも記入必須。
時間短縮に挑戦し続ける夢工房企画から、新製品試作のご案内。

前のユニクロメッキを辞め、永く使って頂く為にステンレス鋼に変更しました。鏡面では有りませんが充分均しは出来ます。但し塗面を生かした鈑金は無理ですので、その点はご了承下さい。

鈑金用スプーン、以前の物は重量が少なく均しの段階では良いのですが、大きいダメージの鈑金に叩く力が必要だった。

今回は、大きい折れやダメージに対応する為、以前の倍の厚み6㎜を採用。重量が有る為、小さい力で修正出来る様になり、今の硬い鋼板に有効と考えた物で有る。

PQP1000526.jpg

新製品はわずか05㎜~1㎜のアールを付けた物。
下は加工無しの物で試験する事にした。加工無しで有効なら安価に出す事が可能になる為、此方を採用出来ればと考えているが、試して見ないと判らないのでどちらとも言えない。
PQP1000527.jpg

スライドハンマーにネジで固定する事で、簡単な引き作業なら時短になるだろう。三本のボルトの山が滑り止めを兼ねる事と、引き方向を変える事で左右の引出をコントロール出来る利点もある。しかしスライドハンマーのボルト部分は、千差万物でメーカーに余ってサイズが違う為、スライドハンマーとセットでの供給になる。
PQP1000528.jpg

ボルト径を落とし、余裕でセット出来る様にしたのも効率の上で貢献すると考える。
PQP1000529.jpg

今回のスプーン供給では、前回購入頂いた方には価格を下げて供給しようと考えいます。
先の物も悪い物とは思っていませんが、使い道が違うとは言え同じスプーンですので負担にならない様配慮しますのでご期待下さい。
試作を続け製品化した物を永く使って見ると、もっと使い勝手が良い物が出来ないかと思いながら作った物です。
他にも、絶えず時短に向け試作を続けて行きたいと考えていますので、今後とも宜しくお願いします<(_ _)v
スタッドの接着面が大きいのが特徴。
大きい為に突起が出難く、全体を引く出す事が可能。
逆アール電圧と空気圧の調整で引き過ぎが無い(^0_0^)

P1000493.jpg
接着剤にて、引出を試みる。
案外良いかも(^_^.)出たよ。
PQP1000485.jpg

PQP1000489.jpg

PQP1000494.jpg

此奴は無理でした(~_~;)シーラー部分が浮いた程度でした^^;
PQP1000487.jpg

PQP1000495.jpg
色々と勉強に成りました。
有難う御座います。お疲れさんでした<(_ _)v

「保険料率の改定」の対処と計算方法。
PQP1000453.jpg

アウダ7の改良点。
PQP1000455_20121209152225.jpg

PQP1000461_20121209152224.jpg

PQP1000463.jpg
試作品完成。今回は三枚同時に引く事が出来る様にした。
三枚同時に引く事で廻りの歪を取り易くする事が目的。
三個の穴全てに掛ける事で直線を引くのに適した物と考えます。
試作なので、使って見てから改造を加え、且つ作業性の面の追及したいと思います。

PQP1000437.jpg

鈑金用スプーンも20本程外注先から届いた。検品要請。
左右に筋が見えますか、叩く面に1㎜程のアールを付ける為プレスを依頼した物です。微妙なアールが付いていますが、アールを付けない物も有りますので、好みの方をお使い頂ければ幸いです。
又、作った目的は、小さな凹みや折れを傷を付けないで修正する事を考えました。通常の鈑金にも使用出来ます。前の物からの変更は、板厚を上げて重くした事が特徴です。
現在、見積中の鈑金均し専用のスプーンも製作予定です。此れは重量を大幅に上げて高張力鋼板の腰の粘りに対応する事を目的にしています。試作が出来ましたらお知らせしますので、宜しくお願いします。
PQP1000439.jpg

此方は保護シートが掛かった状態。
PQP1000438.jpg
完成しました。
初期限定10セット【夢枕】
初期設定10セット【ミラクル治具】
治具にベース(引き板)板厚違い3種類、穴違い2種類合計12枚入り。
PQP1000421.jpg

ベースを補強。
長く使える様にしました。
PQP1000422.jpg

引く場所を選ばない。何処でも形状に沿って引く事が可能となりました(^0_0^)
PQP1000424.jpg
アルトドア、取替で準備したが、シーラーを入れた時点でワイパー穴に気付いたが後の祭り。返品効かず叩く事にした。頭が痛い(~_~;)スタッフさん良く確認してから作業して(^0_0^)
PQ015_20121205154503.jpg

PQ016_20121205154311.jpg

PQ019_20121205154503.jpg

最初の二発電圧が強すぎた。
PQ006_20121205155048.jpg

PQ007_20121205155047.jpg

軽い凹みは、此の位の引きで凸を極力押さえた。【ばんばん】の得意な所。
PQ008_20121205155047.jpg

軽くヤスリを当て凸凹を見る。
黒い処は、アースの痕、アースは内側に取るべきであった(~_~;)
PQ009_20121205155046.jpg

低い処を引いて再度ヤスリを当てた。
PQ012_20121205155046.jpg

PQ014_20121205155314.jpg

最初に電圧が強かった処が傷として残ってしまった。
再度凹みを引けば修正出来るが、此れで良いだろう。
PQ015_20121205155313.jpg

裏側の修正。
PQ018_20121205155313.jpg

写真では、引き過ぎに見えるが、目視だとそれ程でもないょ(*^_^*)
PQ019_20121205155312.jpg

120番で頭を落とした結果。
凸が強過ぎると薄くなり穴が開く場合が有るから気を付け様(^0_0^)
PQ020_20121205155312.jpg

PQ021_20121205155357.jpg

この作業の所要時間60分ジャスト。
スタッドを上手く使えば、早いくて楽でジャン(^_^.)
全て修理。
バンパーは新品を取るも、色が合っていなかった為返品。修理した。
PQ019_20121203165707.jpg

PQ023_20121203165707.jpg

PQ002_20121203165707.jpg

PQ005_20121203165706.jpg

PQ016_20121203165706.jpg

PQ022_20121203170125.jpg

モールも色が合わない為、塗装。
PQ001 (2)
協定完了。

008_20121114082640.jpg

スプーンで均し、折れを修正。
PQ011_20121116172412.jpg

ヤスリハンマーで均し。
PQ017_20121116172544.jpg
脱着単価6,200
鈑金単価7,000
塗装単価6,200 材料代単価7,500係数1.3
追申。評価フェースブックで好評価頂きました。

希望者が有りましたら、差上げます。
半田鈑金工法の作業例を中心に紹介していますので参考になればと思います。
メールアドレスが必要ですのでコメント欄・メールフォームから、
「講習会資料希望」と明記、連絡住所もお願いします。
夢工房企画T.0299-69-3377 F.0299-69-6444
PQPQPDF 半田鈑金システム-001
メールアドレスが必要ですので、bs1@sopia.or.jpに「講習会資料希望」と明記、連絡先もお願いします。.
2012年最後に月に成ってしまいましたね。

鹿嶋空は暗雲垂れ込めた朝を迎えています。

週末で忙しい事と思いますが、マイペースで(^_^.)
無理は必ず後でお返しが有りますから、気を付けて下さい。

PQ001_20121201075322.jpg