おはようございます。

鹿嶋は、快晴の朝を迎えています。
運動会で、張り切る過ぎて筋肉痛の方も多いと思います。
九月も今日一日ですが、よろしくお願いします^_−☆

PQ010_20130930070213d47.jpg
スポ修理の続き。
色無し4.8万、メダリスタの商品は高いね。

末端の割れは、全て金網を入れる。
PQ007_20130928110511823.jpg

形の無い所は、取付けステーの部分なので網で補強。
PQ002_201309281105169c8.jpg

針金が太く見えますが、0.3mm位かな?
PQ005_201309281105185b2.jpg

薄い素材だが、網は中に入ってしまう様に押し込む。
PQ006_201309281105089c4.jpg

最終は、素材を余り削らず表面をパテで仕上げる。
PQ010_201309281105421f4.jpg

ステンの網、ひとコマが説明の文字より小さい^^;
PQ012_20130928112052a7b.jpg
確り働いて下さい。

此の娘は、千葉に御嫁入(^。^)y-.。o○

PQIMG_1887.jpg
スポイラーも修理でエコ(^。^)y-.。o○

【夢物語】に付属のスライラックで60wのこてを使用60V~70Vが丁度良い温度に成った。
半田こてに寄り温度差が出るので、現場で調整が必用かな!(^^)!

温度を上げ過ぎると、ボロボロになっちまうから要注意。
溶かして、液状の物が出る前の温度が最適、此の液が接着剤の役目をして強度を出しているからね。
液が無く成った部分は炭を燃やした後の様な物、灰に成っちゃうよ(笑)
PQ001_201309271755500ce.jpg

PQ002_20130927175554286.jpg

半田のこて先がクサビ状の物を使用して、厚みの1/3ほど突き刺しながら溶かす。
PQ008_20130927175548001.jpg

ビラビラに成った所を撫でて均す。
センターに亀裂の様な物が見えるが、中で確り付いて居るから大丈夫。
PQ011_201309271755456b1.jpg

半田こてで押しただけでも曲がる細く細かい目のステンの網を張る。
最初は隅々を半田こてを押し当ててバンパーに固定し、最終的には全て沈める。
此の後バンパー用のパテを塗り補強して終了です。
全てに張る必要は無い、端端の切れ易い所を補強する。
PQ012_20130927175625d63.jpg

当然表も同様に溶かし込む、裏表からするので網無しでも結構な強度が有る。
オートスタッド【ばんばん】での引出し作業(^0_0^)

凹みの外周は70㎜以上に影響を受けている。深さは6㎜と深い。
此れをデントで直せますか?爺は地震が無いので即引出す事を考えました(汗)
出来るだけ小さく仕上げ塗装屋さんに楽をしてもらいたい(*^_^*)

PQIMG_1871.jpg

PQIMG_1870.jpg

PQIMG_1874.jpg

PQIMG_1873.jpg

作業途中の写真が取れなかったので、終わってからの写真に成ってしまいました^^;
下に小さな穴の板を敷いたのは、此のまま引くと伸びの影響で廻りが高くなってしまう。
穴の径は25㎜、此の穴の周りが押さえと成って損傷の広がりを抑える仕組みだ。
PQIMG_1882.jpg

思惑通りに修正出来ました。
真中のハンダはセンターに少し凹みが残ったので埋めた物。
此れを残す事で大きな絞りをする必要が無い。
PQIMG_1885.jpg

PQIMG_1886.jpg

透かして見ても凸凹は無い様だ、3コートパールの厚み内で修正出来るだろう。
PQIMG_1888.jpg
沢山の皆様方に、「飛んでる爺さんのブログ」に参加頂き有難う御座います。

2009年11月1日ブログを初めて、もう直ぐ四年!(^^)!40万人の訪問を頂くのも間近です。

一時は、書けない時期も有りましたが頑張って来て良かったと思って居ます。沢山の友達も出来、色々な所で励まされ、メール等でも感謝の言葉を頂き励みと成った事は間違いのない事実です。

昭和26年4月6日に生まれ62歳^^;こんなオジサンにお付合い頂き感謝です。

昨年度からFaceBookも始め、毎日が楽しいですね。FB友達には私より年配の友達は二人です(笑)
友達の皆さんは子供の様な年代ですが、お付合い頂き楽しい日々を過ごしています。此の頃は痴呆症と思われる位物忘れが酷く成って来ました。何処まで続けられるかは判りませんが、続ける限り皆様と共に「楽に楽しく面白く」お付合い頂ければ幸いです。

此れからも末永く御引立て頂きます様、宜しくお願いします。爺。(^。^)y-.。o○
自分の狙っていた状況の車両が入庫、早々試して見た。

思惑通りの結果が出ました<(`^´)>
若干引出が出来た様ですが、ラインの引出はおまけですね。


001_201309261100024b4.jpg

002_201309261059597e3.jpg

003_201309261059578ba.jpg

ラインは半田で、凹みの部分を接着剤で平らに出す事が出来れば
時間の掛るスタッドでの作業が無くなり、時短と仕上がりの良さに貢献出来ますね!(^^)!
006_20130926110043163.jpg

007_20130926110040067.jpg

009 (2)

此れが確立されれば、鈑金も変わる<`~´>
此処までの作業は、接着剤で引いただけ、ハンマリングも一切していない。
011_201309261141320a5.jpg

最終は【ばんばん】で仕上げました(^。^)y-.。o○
PQIMG_1863.jpg


追加追加で何処まで行くのか^^;
此処でやっとstop完成と成りました。

PQ102.jpg

PQ865.jpg

PQ875.jpg

PQ876.jpg

PQ877.jpg

PQ878.jpg

PQ879.jpg

PQ880.jpg

PQ881.jpg

PQ882.jpg

PQ072 (2)

PQ073 (2)

PQ883.jpg

PQ884.jpg

PQ885.jpg

PQ912.jpg

PQ001_20130925174622c18.jpg

PQ002_20130925174624e51.jpg

PQ003_20130925174627aaf.jpg

PQ004_20130925175345fcb.jpg

PQ005_20130925175347798.jpg

PQ006_201309251753505b7.jpg

PQ013_20130925175452740.jpg

PQ015_20130925175456cbe.jpg

PQ016_20130925175458c00.jpg

PQ018_201309251755561ce.jpg

PQ019_2013092517555967e.jpg

PQ020_20130925175601e58.jpg

PQ021_20130925175603847.jpg

PQ022_20130925175605fb4.jpg

PQ023_20130925175802f1c.jpg

PQ024_20130925175804cea.jpg

PQ029_2013092517580730b.jpg

PQ030_20130925175809014.jpg

PQ031_201309251758112d5.jpg

PQ033_2013092517590727e.jpg

PQ034_201309251759104a6.jpg

PQ035_20130925175912e4e.jpg

PQ036.jpg

PQ037.jpg

PQ038.jpg

PQ039.jpg

PQ063.jpg

PQ064.jpg

PQ065.jpg

PQ069.jpg

PQ070.jpg

PQ071.jpg

PQ072.jpg

PQ073.jpg

PQ077_20130925180250a9f.jpg

PQ078_20130925180252658.jpg

PQ079_20130925180254ea0.jpg

PQ080.jpg

PQ081.jpg

PQ100_20130925180406f32.jpg

PQ101.jpg

PQ082.jpg

PQ083.jpg

PQ084.jpg

PQ102.jpg
社外アルミ、保険だが供給stopの商品^^;
修正不可なら四本取替のケース。車両価格overの気配。
「直しましょ」幸い狂いが無い様なので、コンクエストで整形。
色を塗れば完成。エコだね!!!。

PQ007_20130925155319270.jpg

PQ008_201309251553200e9.jpg

PQ077.jpg

PQ079.jpg

PQ009_201309251554276a8.jpg

PQIMG_1249_20130925172310349.jpg
テーマ:自動車全般
ジャンル:車・バイク
おはようございます。

今日の鹿嶋は、台風の影響で雨の一日に成りそうです^^;
夏のスコールの様に、激しく降っては止むの繰り返し。

でも、台風が逸れた事は幸いですね。
今日も一日頑張って宜しくお願いします(^。^)y-.。o○

005_20130925084238842.jpg

おまけ
http://blogs.yahoo.co.jp/tt696444/archive/2013/01/08
今日は休み、お客さん待ちで時間が空いたのでティグの練習!(^^)!
以前のティグが壊れて久しいので、感が掴めない(~_~;)

今のティグはセッティングが簡単(^0_0^)摘みひとつでOK(^。^)y-.。o○
PQ004_20130922113410a52.jpg

0.6のボンデ鋼板を付けて見た。
亜鉛引きなので少し撥ねたが、削ると無く成っちゃうので続行。
左から1回目、3回目には如何にか成った(@_@。
此れは表から見た所。右から一気に付けると暴れも少ない様ですね<(`^´)>
PQ005_20130922113412ac9.jpg

此方は裏面、溶け込みもE具合。もう少し弱くしても行けるかな?
PQ006_20130922113413e9d.jpg

此れで戦力がひとつ増えたヽ(^。^)ノ
今回溶接マスク無しで遣ったが、夜が心配。ゴロゴロ虫が遣って来るかも^^;
オートスタッド【ばんばんⅠ】で最大6㌔の空圧で引いた突起の絞りを検証。

PQ010_20130921151851d8b.jpg

6㌔の空圧は凄い。グイグイ持ち上げる。
其れだけ、突起も素晴らしい富士山に成った。
今回はチップの先を太くしなかった為、突起が激しい。
PQ011_20130921151849dca.jpg

絞り機の先が平らに成って居る為、中心を突起に当て押すと突起は無く成る。
スプリングの原理で、何時も同じ圧力で押す為電圧の調整のみで絞りの大きさを調整でね。
PQ017_20130921151846ced.jpg

もう少し、手加減すれば良かった(~_~;)突起が酷いですね。
PQ018_201309211518449f8.jpg

高い部分を絞った後240番で、サンディング。
PQ024_201309211518427d1.jpg

次に3Mのスコッチで研磨。
PQ023_2013092115192980d.jpg

凸凹がハッキリ見えて来た。此れを均して終了になる。
PQ028_2013092115192793e.jpg

今回使用した絞り専用機は、左側の物。
コードを太くすると使い勝手が悪く成る、細いと熱を持つ(~_~;)
でも、こんな絞りは余り無いので使い勝手の方を取った。
PQ013_20130921151924012.jpg

此の修理は実際半田の方が早く綺麗に行くと思います。

今、スタッドに直接付けられる物を開発中だが、
熱によるスプリングの経たり等難しいね。
開発費も乏しいし、技術も無いので試行錯誤の開発です(苦笑)
夢工房企画からの提案。

大巻を使用している方で、カットして使って居る方にお知らせ。
カットして使うと、半田こて先に供給される際に曲り等で位置がずれて供給される場合が多く、作業性からもお勧めできません。
小巻用のリールに巻き替えて御使用頂く事をお勧めします。
此方で、試した結果では私が遣っても倍の時間が掛かって居ます。使用する量も多く成りますので改善をお願いします。...

巻き取り機は、簡単に作れます。
ワイパーのモーターを利用すると殆んどお金は掛かりませんよ。此のモーターから3本以上線の出て居る物を選んで下さい。スピードの調整が出来ます。
私は、市販の24ボルト小型ギヤモーターを使用して居ます。電源も市販されています(約4000エン) 是非試して下さい。

半田も大巻の方が安上がりですので作って見ては如何ですか。

PQ003_20130921101059542.jpg

ギヤモーターの手元にスイッチを付けると作業性が良いですよ。
PQ004_20130921101056035.jpg

リール台は市販されています。
PQ006_20130921101052d94.jpg

変圧器は【新夢物語】フルセットに付いて居る物を利用出来ますが、
整流器で直流にする必要が有ります。
PQ005_20130921101050646.jpg

差し込む端子で回転を調整出来ます。
PQ007_20130921101047f81.jpg

依頼で作った時の物です。
PQ008_201309211023521a5.jpg

廃物利用で無料で作れます。用意する物「ワイパーモーター・廃バッテリー他小物」
是非挑戦して下さい(^^)/
以前からウォッシュプライマーの重要性を照会して来ましたが。
今回は、簡単に手軽に塗る方法を写真で説明して見ました。

各メーカーが出しているので、塗料店に相談すると良いですね。
勉強して居ない塗料店は、塗らなくても良いと言うかも知れませんが!(^^)!
PQ010_20130920105149607.jpg

マーチのクォーター全体を塗れる量です。
原液は、48gでした。硬化剤が25%正確にスポイトを使用します。
スポイトは10円位で何回も使用可能。要洗浄。
PQ014_201309201053435a0.jpg

PQ011_20130920105342af5.jpg

原液は希釈をしません。
ウエスにシンナーを含ませます。
PQ016_201309201051446ea.jpg

ウエスに原液を含ませます。
すると、ウエスのシンナーで希釈されると言う仕組みです。
薄く延ばす様に塗ります。下の部分を塗ってもまだ余って居ます。
PQ021_20130920105145727.jpg

慣れれば10分も掛からない作業で、安心出来れば(^。^)y-.。
塗った後のシーラーはゴミ箱に「ポイ」です。面倒なのは手を洗う事位です(笑)
PQ024_2013092010514779d.jpg

PQ028_201309201052120fc.jpg

PQ029_2013092010521452d.jpg

速乾の為、作業性は良いですね。
此れで、鉄板に水分が入る事が無く成りパテの密着性を良くします。
バンパー補修時の密着剤としても使用可能です。
(メーカー・塗料店の指導を受けて下さい)
PQ030_2013092010514247f.jpg

今、保険会社の指定工場は全て、ワンオーナー生涯保証を付ける事が義務付けられて着ています。
仔の様な現状で、塗装で全国を廻り指導している、

講師の方もウォッシュプライマーを塗らないで保証を付ける事など有り得ないと言っています。
「内はクレーム無いよ」そんな方も数年経過した、サイドシルや下部の部分補修の痕を確認して見て下さい。ブリスターが出て居る物も少なくないですね。

此の部分は鉄板の湿気がパテに影響し易い為発生し易いと考えられます。
再補修の場合にパテと鉄板の間に薄い錆びが発生している物を見た経験の有る方は多いと思います。

塗る、塗らないは自由ですが、仔の様な方法なら簡単ですので、提案して居ます(^。^)y-.。o○
マーマーの損傷だね。
半田が一番だか、接着剤で試して見た(^0_0^)

PQ024_20130919170656f4d.jpg

PQ022_20130919170657028.jpg

PQ026_2013091917065052d.jpg

大きいのと小さいので三回引くが、強く入った所が出無かった
PQ028.jpg

PQ027_201309191706493fe.jpg

今回はスライドハンマーのスタッドで作業して見た。
半田と比べて時間が掛かり、穴も開いてしまった(~_~;)半田で埋めして均しをしなくては(~_~メ)
クネクネワイヤーを使っても穴は開いてしまうかな?
PQ032.jpg

結果としてこの様な損傷は接着剤は補助的に使用し、メインは半田がいいのかな。
今回は喜べない作業に成ってしまった。こんな事も有るか(^。^)y-.。o○
久々に兄の作業場に顔を出した。
設備が変わって居た^^;農業って大変ですね。
鈑金屋さんの道具とは価格も格が違います。
米作り一本で生活するには、其れなりの投資も必要の様です。

回送車はローダーでは上がらず、ホイスト付の私の物を使って居ます。
兄貴74歳、頑張っています。
PQ006_20130919084236a0e.jpg

乾燥器が新しく2基変わって居ました。
PQ007_201309190842386fa.jpg

お客様からの苦情が無い様に、自動選別機も導入したようです。
PQ008_20130919084240f8a.jpg

籾摺りは自動ラインが出来て居ました。此れなら一人で出来ますね。
PQ010_20130919084234cc9.jpg

2000俵超の処分は、全て個人販売。大型保冷庫に収められ、
年間を通して新鮮な白米が出荷されます。
PQ009_20130919084241c49.jpg

こんな時間にお月さんが上がって来た、秋ですね。

昨日はゴルフで、体が怠い。携帯忘れて^^;連絡不通。
でもノンビリ出来ました!(^^)!


067.jpg
「続き」も見てね^^;
半田と接着剤のコラボ(^。^)y-.。o○
ラインを出した後、凹みを接着剤で修正。
ラインはドアの狂いも有るので、取替えてから確認仕上げる。

052.jpg

053.jpg

上部のプレスライン迄入って居るが、下部を引く事で解消される<`~´>
036_201309181132203da.jpg

035_20130918113223f4e.jpg

057.jpg

此の部分は、ラインを修正後(前方にも引く)の為、
糊でも容易にでた^^;出過ぎの感も有る。
059.jpg

038_20130918113217b44.jpg

037_20130918113218f75.jpg
事務所が作業場......^^;
鹿嶋市地元の仲間からの発注です。納品済み(^^♪有難う御座います。

PQ017_20130916081837182.jpg

8:23台風の影響か?風が強く成って来ました。
此れから雨も強くなるようですので、ご注意ください(^。^)y-.。o○
温度材料の設定かな(^。^)y-.。
此のキツイ凹みも一発たもの^^;最小さいのも出無い時が有る(~_~;)
此の糊シンナーでも全く溶けないが、専用の物が有るらしい!!!。
試しに注文して見た。結果はまた後で<`~´>

CIMG1271.jpg

CIMG1272.jpg

CIMG1273.jpg