正月乗るのに恥ずかしいと言う事で、ドア交換の予定でしたが間違って左ドアが入って来た^^;
ガーニッシュは、右なのに(~_~;)てな訳で「恰好だけ付けます」でお許しを得て粗出し。
鰐口で粗っぽく出したが巧く出てしまった。部品発注済み(メーカー)入るのは7日返品手来ません。裏側まで行って居るので実際の修理は大変ですので交換します(>_<)取付けた写真忘れた^^;

0002_201312281751427a7.jpg

0003_20131228175145778.jpg

010 (3)
今日は午後から三笠自動車でマイクロバス損傷引出の冶具問合せが入った。
ミニ講習をして、遣り方を説明(^。^)y-.。o○

新車のトラクターがゴロゴロ^^;三月迄ビッシリ仕事が有るとの事!(^^)!
013_20131225135841dfc.jpg

半田で遣って居たが先ずは接着剤で付けた。
立ち会って引いて見たが、凄い力だ!(^^)!笑ってしまうヽ(^。^)ノ
009_201312251358380e3.jpg

[広告] VPS
記事・写真追加しました(^0_0^)

何年振りだろう^^;当て板の修正をした。
当て板は鈑金屋の命ですよね(^。^)y-.。o○
可也狂っていたが、今回綺麗に修正したから巧く行く筈です。

早々に軽トラのアオリ修正に挑戦して見た。
010T.jpg

007_20131225122527f20.jpg

014_2013122512253296e.jpg

もう少しだねヽ(^。^)ノ
009_20131225122529390.jpg

20分後は此れ。打痕が残るのは、最後の写真の下側のスプーン。
014_2013122515272387b.jpg

打痕が残った方が叩き易いですね(^0_0^)
此れ以上はデントの世界かな^^;
015_20131225152725ede.jpg

使った工具と他にライン出しの金タガネを使用。
017_201312251527203f1.jpg

12/27追加記事
此の凹みは軽とは言えサイドゲート「硬い」
003_201312270908217ae.jpg

最高の付きにセット、スタッド【ばんばん】でも引けたのは此処まで。
005_20131227090814714.jpg

コンクエストで補修(ネジも切れる程硬い)パチンコ玉1個も使わないから経済的。
絶対に剥がれる事は無い<`ヘ´>
007_201312270908163f3.jpg

長い当て板で研ぐと凸凹が出て来た^^;サフで行けますね。
最後に下のフレームを修正した時に影響を受け凸凹が出た(~_~;)
順番を間違えるなんて、まだまだ未熟ですね(汗)
008_201312270908196b5.jpg

今回は鉄板のメッキを残す意味で、スプーンを使用したが、作業性から行くとヤスリハンマーが早いですね。
下側の歪も、ヤスリの中目で仕上げれば最綺麗になる。
*大きな歪を取る時はスプーン。
*細かな歪はヤスリの荒目中目細目を使い来なく事が大事かな(^。^)y-.。o○
ミラクル冶具の活用法の紹介

固定する位置を変える事で色々な方向に引く事が出来る(^0_0^)
丸めたベースにも確実にフィット。

此の位置では、上側を中心に引く時にセット。
004 (2)

此の位置は、全体を引く時にセットする位置。
005 (3)

此の位置は、下側を引出す時の位置となる。
006 (2)

此の掛け方は、センターが凹んで居る時のセット方法。
上の写真と同じで、穴の位置を変えたり本体の引出すを変える事で多種多様な引き方をセットする事が出来ますヽ(^。^)ノ
019_20131120153525096.jpg

左側が出たらない状態の時は、センターが左側に来る様にセット(三枚目の写真)する事で左を引出右に合わせる事が出来る(^。^)y-.。o○
022_20131120153527f56.jpg

この他にも色々と活用出来る便利な冶具です。
此れにoption(試作中)を付けると、スタッドワッシャーやワイヤーも引く事が出来る様に成ります。この様な冶具は、引いた時に出過ぎや出足らない部分が少しでも解消出来る様に補助する物です。最初は全体的に力が掛かり徐々に出たらない部分に引く力が移動する様に作られています(出た部分は其れ以上引出す時には大きな力が必要に成ります。手足らない部分は半分以下の力で出て来る事を利用した引き方です)
皆さん、こんばんは(^^)/

今年も残すところ僅かと成り。寒さもひと際厳しく成って居ます。
今日朝のニースの中で日の出日の入の話しが有りましたが、日の出が一番早いのは千葉の銚子との事。
日の長さは北海道と沖縄では1時間10分も沖縄が長いんですね!(^^)!

さてさて、皆さんからアルミを付ける半田は無いのかとの、問い合わせが結構多いんでメーカーに問合せて見ました。{以前試験していた物とは全然違う物でした)

下記が、メーカーからの回答です。
「糸半田Φ1.6×1kg・・・御見積書添付致します。
 この半田は錫-鉛-銀の合金でアルミ半田付け用とした海外製品です。極めて
 特殊な製品で輸入という事もあり金額は相当高いです。但し1kgリール×1巻
 より購入可能です。納期面では最大1ヶ月を要します。」

価格は1000g送でなんと「31,500」との事です吃驚ですね^^;
しかし、プレージングワイヤーも結構しますから高くは無いのかな(汗)


性能は下記の通りです。

引張強度は37MPa 液相線 270℃ 此れは魅力ですね(^。^)y-。

純アルミ(不純物1%まで):Al-Mn  優秀
A+Mg3%まで:A+Mg,Si
各1.5%まで:Al+Cu         良 (*此処の部分が問題です*)
A+Mg3%以上.            可

Snメッキ
銅、真ちゅう
Niと洋白(Nickel Silver)    優秀

鉄、ステンレス鋼、Znダイキャスト  良

Cr、Ti              不可能

*純アルミは車両の素材に有り得ない物ですのですし、メーカーに寄って配合や含まれる物が違う為付く物と付かない物が出て来るのでは無いかと懸念します。付けば引張強度は十分ありますから使えると考えます(冒険ですが)*
修理で三年以降にブリスター発生が数多く報告されているのも気に成りますので、開発は難しい様ですね(~_~;)
アウダ会全国会長会議。

写真が届きました。

四年前にも会長をしていましたが、素行が悪いので事務局に格下げされていました(笑)
四年振りのカンバックですが、皆さん変わらぬ顔ぶれに話が弾みました。

講演はパイロットを退職されました山形氏の「夢実現」機内アナウンスが有名な方で、ユニークな秘話を交え楽しい講演でした。有難う御座いました。

参加された、会長様此れから良きご指導宜しくお願いします。
日本アウダテック社の皆様、お世話に成りました。

PC210003.jpg
全体写真はクリックすると大きく成ります。
貴方の県の会長を探して下さい(^。^)y-.。o○

_DSC1608.jpg

_DSC0382.jpg

CIMG5639.jpg

_DSC0423.jpg

_DSC1675.jpg

_DSC1749.jpg

CIMG6350.jpg

_DSC1773.jpg

DSC03055.jpg

CIMG5725.jpg

DSC03119.jpg
㍿コスモコーティング石田社長の主催するTCDCグループの講習に参加。
出足から、大渋滞^^;帰りも6時発で中央高速大渋滞(>_<)3時間50分も掛かって帰宅(~_~;)

でも、久し振りに会員の皆さんと会えて楽しかったです。お疲れ様でした(^。^)y-.。o○
講習は「事故処理勉強会」二回目に参加、三回シリーズで行うそうです。
今回は、保険約款から抜粋して、「お客様に的確なアドバイス出来る様に」の内容でした。

約款って解釈が難しいんですね「親族で同居」の場合は賠償の対象に成らないと決めつけて居ましたが、成るんですね!(^^)!孫がお爺ちゃんの車をぶつけたら対物対象に成るんだって、知ってた^^;
其の外、色々と説明を受けて適用範囲の広さに吃驚しました。
「勉強しなければ」そんな思いで帰って来ました。

懇親会も大盛り上がり、二時過ぎまで(^。^)y-.。o○楽しかった。


002_20131220104143ebb.jpg

003_20131220104145191.jpg

004_201312201042309a1.jpg

005_20131220104232a46.jpg

006_20131220104234b1f.jpg

011_20131220104254573.jpg

010_20131220104141509.jpg

008_20131220104140ac8.jpg

007_20131220104138bd6.jpg

二時にホテル^^;
013_201312201042560fe.jpg

流石に五時起きは無理だった、六時半朝の大渋滞。
014_20131220104227d11.jpg

一時間走っても此の状態(>_<)
015_201312201042286f0.jpg
E素材が入って来たので実験^^;
最初の凹んだ写真が無いが、全体的に凹んで過去にパテ仕上げの凹みも見られた。

016_201312181540419c2.jpg

二個のサイズのベースで引いて見ると、出た!(^^)!
018_20131218154037b76.jpg

017_20131218154035a33.jpg

此処まで出れば、スタッドで引く事も容易ですね!!!
019 (2)

小さな凹みはチョット難しいかな、しかし何かやり方を変えれば出る筈だ(~_~;)
時間が無いので、今回はスタッドで仕上げる。
小さな凹みを出すのは次回の課題として残そう(^。^)y-.。o○
020 (2)

過去の接着剤実験。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1260.html


http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1251.html

接着剤実験の全て。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-category-26.html
今の車には珍しく、デッカイサービスホールが有りました(^。^)y-.。o○
矢張り、ハンマリングの方が気持ちEですね(^0_0^)ラインも出たし満足です。

005 (4)

004 (3)

006_2013121810040499a.jpg

005 (3)

004 (2)
当たった^^;
結果を見ないで捨てて置いたら珍しく2口も当たって居た(^。^)y-.。o○
暮に来て縁起がE!(^^)!

無題
「炙り鈑金」
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-35.html#more
昔の投稿の中から見付けた。


其のまま叩くと、歪が広範囲に波及してしまう^^;
炙る事で他の部分に波及させず。急所を整形する事が出来ます(^0_0^)
小森拓也さん、ブログ参加とブログからの参加申請有難う御座います。
同名で二人の方がヒットしました。
どちらか確認出来ません、高田平三にリクエストをお願いします。
FBでお待ちしています。爺。
フェンダーがドアであおられて凹んだ時に使用してます。

折り返しが邪魔で、当て板でも先端に力が入らず、叩くと凹んでラインが崩れませんか。そんな時に先の曲がった方をテコの応用で持ち上げると簡単に修正出来ます。
其の外にも使える頃はアイデア次第かな(^0_0^)
時短とイライラ解消に便利ですね(^。^)y-.。o○

207.jpg

208.jpg
半田鈑金では、この様な損傷が一番難しい。
交換の方が早いとも思われるが、勉強の為引いて見た。

010_2013121310410061d.jpg

ラインが完全に潰れて、上側に折れが見られる。
此の折れが曲者て、此れを潰さないと正常な形に成らない。
023_20131213104147718.jpg

引く位置が重要^^;一回の引きでの修正は無理だろう。
020_20131213104105359.jpg

024_20131213104150c41.jpg

上の折れの近くにベースを付けて引きながら上の凹みのラインにタガネを入れ折れを伸ばす。
025_2013121310415367f.jpg

026_20131213104155b69.jpg

丸みを付ける作業が細かく面倒だが、再度当りの有る事を考えると。パテ処理では不安かな。
028_20131213104158d62.jpg

此の凹みを丸く上げるのは(~_~;)
161.jpg

163.jpg

如何にか形には成ったが<`ヘ´>
164.jpg


今回はセンターピラーレスの車両の為やや硬めな鋼板とホースメントが付いて居る為に温度が上がり難い。この様な場合は如何してもスライダックが必要ですね。寒い時は尚更です(~_~;)
030_20131213104329eb4.jpg

今回は盛り半田を使って見ました。
盛り半田も平らな部分は易しいですが、突端に盛るのは難しいです(~_~;)
CIMG1825.jpg

CIMG1826.jpg

CIMG1827.jpg
11月24日の記事ですが、下のパイプ状の引き具に試験中トラブル発生。
最初から作り直す事にしました。開発は難しいですね(~_~;)完成したらお知らせします。

11/24
アウダ会長会議では各地の大変有意義な情報を頂きました(^。^)y-.。o○
参加頂いた各地の会長様、お疲れ様でした。

10時に帰宅、早々に冶具の仕上げ!(^^)!

以前から製作した居た物も如何にか完成。
二つとも試してから、細かい所を修正する。
開発って時間が掛かりますね.....<`ヘ´>

027_20131124152353512.jpg

028 (2)

029_20131124152358100.jpg
有難う御座います。

前日の訪問者864人感謝ですヽ(^。^)ノ
今迄の最高は777人でしたが、大幅アップ頂き感激です。

此れからも宜しくお願いします(^。^)y-.。o○

123.jpg
此の暮の忙しい時期に^^;お兄ちゃん達の目を伺いながら遊んで見た。
昔のIHIヒーターが出て来たので^^;早速実験。

ガラスの糊を焼切る^^;と言うよりは高温で鉄板から剥がす事が出来るか。
ガラスが割れるか恐かったがガラスは何とも無い様だね。
但し、塗料が焦げるほど熱を上げないとパテぺらでは剥がれなかった(~_~;)
でも、剥がれる事は確認した!(^^)!

127.jpg

128.jpg

エンブレムに挑戦。
上げ過ぎてエンブレムも溶けた(~_~)鍍金に反応してしまうのかな(-_-;)
糊は確りドアに残ったのにはガッカリです。

130.jpg

129.jpg

今回はヒーターを逆さに使ったので温度の掛け具合が見えないのが敗因かな。
温度管理を確りすれば、楽しい作業に成るかも(^。^)y-.。o○
今日の所は、完敗です