鈴木会長と会長会議を一緒させて頂き、お誘いを受けました

鈴木会長、市川事務局、叉会員の皆様には有難う御座います。
今回は、高田講師、竹本講師とのコラボとの事、楽しみです。
三人揃うのは何年振りかな、今回は飲み過ぎない様にしないと(~_~;)ソンナキモチデス。

14220000 - 0338569389-002
14220000 - 0338569389-003
損保から「好きな様に遣って」って連絡が入った(笑)キノウ。
納期は来月12日貰ったから(-_-)zzz
ロツカアウタリインホ-スの入庫が10日も掛かるノウキ^^;ソンナノアリカイ。

実験がてら接着剤で引いて見た(~_~;)
こんな事するのは俺位だろうな(笑)
060_20140227183041be5.jpg

001_2014022718304371e.jpg

002 (2)

004_20140227183048d84.jpg

008 (2)

今回の作業で剥がせる方法を発見(^0_0^)シュウカクアリ。
012 (2)

013 (2)

三回試した!!!
良く見ないと分からないがホール下が平らに成った。
015_20140227183235ded.jpg



さーて、従来の半田で行こうって訳で始めました。
提言・必ず蝶ネジで固定して下さい^^;外れると危険です。
ベースの持ちも良くなります。
016_20140227183236b13.jpg

硬いわー(-_-;)折れた部分を叩いたら^^;硬さが手に伝わった"!!"コーンッテ。
017_201402271833125cf.jpg

丁度いい所に厚いリブが入って居る(~_~;)
021_20140227183313f47.jpg

塗料の関係で凹んで見えるが、マーマーの感じで出たよ。
表裏付けないと引出す事は出来ない様だ。
022_2014022718331666e.jpg

先に接着剤で引出した影響は大きい気がする。
其れで無ければ、下側も半田で引く事に成ったから(*_*;
後ろを引いて完了かな(^。^)y-.。o○タノシカッタ!!!。
023_2014022718331772d.jpg

半田は5回の引出で此処まで行ったから、後3回と手直しで終わるだろう。
2/26
今日は夕方手が空いたので部品作り

001_20140226180713c38.jpg

細かい仕事だが面白い(^0_0^)ランラン!!!
003_201402261807155ad.jpg



2/25
田舎の鍛冶屋見たいなもんですか(笑)

中々思う様には行かない物で(*_*;すが。
完成品を見ると「ナーンダ」の世界が開発かな(-_-;)アセ;;;。

097_20140225150132891.jpg

ヤフー店も絶好調ヽ(^。^)ノ
099_201402251501354cb.jpg
ヤフーから購入するとクレジットが使えるので利用している方も多いのかな(?_?)
古いパソコンを開いて見たら.....。みんな思い出です。

デントを鈑金に応用して見ようと思い立ったから四年過ぎ、同業者から頂いたのが此の写真です。二年前の六月でした。

此処に来て如何にか使えるまでに成りましたが、まだまだ課題は有ります。
デントとは別の方向に...大きな損傷を小さくして「交換を鈑金にしたい」そんな気持ちで始めた事を思い出します。

「交換屋から鈑金屋へ」本当の意味の鈑金屋に成りたい。
其れには時間短縮が絶対条件。むしろ部品の値上がりは鈑金屋にとって追い風ですよ(^。^)y-.。o○ガンバ!!!

179.jpg

千個単位で購入しても五百円するリール、今も手作りで頑張っています。
190.jpg

193.jpg

194.jpg



有難う御座いました(^。^)y-.。o○感謝です。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1217.html

1310.jpg
20130729100226c72[1]




今は亡き、節子会長から頂いたお酒。
講習料を.........申し訳ないと個人から頂いたものでした。
何にでも積極的に動いた会長。「惜しい」「悔しい」。
今でも笑顔を思い出します。
181.jpg

182.jpg

186.jpg



オートスタッドも完全に仕上がりました。
自分を含め、スタッドの使い方を知らない販売業者が多く、大きな弊害に成って居る。
「スタッド鈑金って粗出しでパテ」其れが当たり前の様に使われて来た。

此処に来て、薄い炭素鋼が主流になり、従来のスタッドでの引出が難しく成ったと言うより出来なくなっている。
「ペコペコ虫」が住み着いてしまう現象だ(笑)

「誰でも出来失敗しないスタッド」を目指したのが此の製品です。
名前も【ばんばん】から【私、失敗しないから】に変えたい位です(爆)
184.jpg

009_20140226004202a4e.jpg




竹本・高田講師に加え川村氏にも協力頂きトリプル講習
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-403.html#more


会費五千円にも関わらず、総勢73名の参加者!(^^)!
今迄の講習では考えられない参加者で有った。経費も莫大(笑)

三人の講師を一同に集めるのは大変でしたが、大盛況で開催された事に大きな意義を感じました。
流石講師の力ですね。

三月十六日には、東京でW高田で講習が有ります、ゲストに竹本氏も参加頂けるとの事。二泊一日の変則日程ですが楽しみです(^。^)y-.。o○

竹本講師
DSC02842[1]
高田講師
DSC02833[1]
川村講師
DSC02837[1]
爺は、前日の鮟鱇どぶ汁で接待^^;効き過ぎて事務所で寝てました(~_~;)シンドカッタ
ドア修理、簡単な修理のはずが(~_~;)

曲りを起こせば終わりのはずだった。
009_20140224181327e6d.jpg

フェザーエッジを取ろうとしたら、何処までもパテ下の塗料が剥がれる。
015_20140224181324979.jpg

ペコペコ虫が^^;泣き出した。
縦の凹みを8点引いてパテの様だ。下のラインは全く出て居ない。
其の性でエンブレムの付いて居た処が膨らんでいるよ。
016_201402241816267f5.jpg

小さな「ババ」を引いてしまった様だ(~_~;)
後始末は時間も掛かる嫌な仕事<`~´>デモヤスシカナイネ(^^)
024_20140224181320cb0.jpg

[広告] VPS


2/25 14:47
以前と比べると可也進化して居ます。何事も経験ですね(^。^)y-.。o○
引き過ぎが一番OUTだが^^;引かなければ出無い。微妙な感じは経験かな!(^^)!

逆アールのドアも、簡単に修正(^。^)y-.。o○
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1309.html


仔の様な物もGOOD
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1173.html
此れは何でしょうか(^0_0^)

「此れを何に変身させるか」が楽しいんです(^^)/当分遊べます。
此の前の接着剤の二の舞いに成らん様に頑張りまーす(^。^)y-.。o○

019_20140220184153250.jpg

2/21.部品が足りないけど、待って居られなくて造り始めました^^;
此れは、試作の試作で動きを見ます(^。^)y-.。o○
002_20140221182634411.jpg

明日は、親戚のお婆ちゃんの一周忌で一日潰れそうです(^u^)
あらら^^;こらら(~_~;)

久々に粘って見た(@_@。見方でこんなに違うの($_$。勉強しないといけないね(汗) 
「損して得取れ」処か「損して損して損して」だね。

眼と頭の伝達神経が細くなった気がする。
ボケたかな^^;三日酔いの性かな(*_*;元々馬鹿ですけど((笑))

017_20140220161006c90.jpg

014_2014022016151490b.jpg
今日は手頃な教材が入って来たので接着引出のみで遣って見た。

結構な凹み。
001_2014021811335775e.jpg

004_20140218113355713.jpg

一発目でOKの感じヽ(^。^)ノ
005_20140218113359b29.jpg

糊も除光液で剥がれた。
009_20140218113503506.jpg

角を落とすのには、ハンマーでは凹みが出来るので塩ビ板を当てて叩く。
010_201402181136148c1.jpg

小さな凹みを再度引出。
006_20140218113400990.jpg

下部の出たらなかったところを引く。
007_2014021811350295f.jpg
当て板を充てサンディング。
糊だけでは、小さな凹みは取り切れない様だが、もう少し挑戦しても良かったかな。

013_20140218113457b50.jpg

001_2014021811335775e.jpg

バテスケールでパテを付けて見た。凹みの感じが判るね^^;
015_2014021811350014d.jpg

こんな物買っちゃった(*_*;タカカッタ!!
012_201402181136162ec.jpg
前回の接着剤での実験失敗に奮起。

完成に近づいた以前の物だ引いて見た(^。^)y-.。o○
此れでも十分引く力は有る、アルミも此れで行ける感じ<`~´>

005_20140217120837844.jpg

たった50㎜の物ですが(*^_^*)
007_20140217120840d8f.jpg

004_20140217120842c52.jpg

011_20140217120845ad1.jpg

鋭角なハンマー痕は取れないね、最後の均しはスタッドかな(^_^.)
012_20140217120848138.jpg
スターターから、携帯の充電機まで使える(^。^)y-.。o○

http://item.rakuten.co.jp/ekisyou/jumpstarter01/005_20140214090214f6d.jpg
あらら^^;

今迄4種類の接着剤を試したが、最悪の結果^^;
ビクともしません凹んだ部分が(苦笑)ワラッチャイマシタφ(..)

中々良い物が見つかりませんね(T_T)接着剤もゴミに成ってしまいました。
開発って難しい、データーを取るとビッタシなのに「強力」って表示信用出来ません(~_~;)諦めたら負け、5番目の接着剤を探します(-_-;)カイハツワ.オカネトジカンノロウヒカモ^^;

003_201402140818321ac.jpg

004_20140214081829d2c.jpg

ホットメルトを使った引出は順調です。
課題はメルト糊をスムーズに剥がすデーターをメーカーに聞きながら進めています。
アルミパネルが無いので^^;取敢えずエスティマのドアで実験開始。

引ベースは、アルミの削り出し。大きさは25φ、15φ。
引出す事が出来るかな(・・?
018_20140212173840973.jpg

暗く成ったので、結果は明日のお楽しみ(^。^)y-.。o○
019_201402121738422c2.jpg
明日の山梨青年部の講習を断念しました。

此の雪で中央高速が通行止めとの事で、14時に中止依頼を出しました。
今の時間、チェーン規制で通れる様に成った様ですが、チェーンの手配も付きません。

早朝4時に高速バスで、東京から電車の手も考えましたが、荷物が間に合わないとの事(~_~;)
今回は天候不順のアクシデントで誠に残念では有りますが、中止とさせて頂きました。

私もアウダ会事務局を6年遣りましたので、準備の大変さは判って居るつもりです。
ご準備頂いた関係者様には、大変御迷惑をお掛け致しました事。
尚、参加を予定して居た会員の方々にも合わせてお詫び申し上げます<(_ _)>
 
                       夢工房企画・高田

接着鈑金のベースも進化して居ます。
曲線に対応する様改良しました。強度は実験済みです。
11日の山梨講習に持込み実験しです(^。^)y-.。o○

円形にも切り込みの入れ方で大きな凹みにも対応出来る様に成ると思います。

001_20140209135149e6a.jpg

002_201402091351479cd.jpg

003_2014020913510432a.jpg
30年も前に造った物ですが、今も現役です(-_-)
30年前はロッカパネルの耳が無く成る事など予想もして居ませんでしたが、その当時は耳を噛む時の高さ調整用と造った物です。
今でも重宝して居ますよ(^u^)オール鉄鋼なので重いですが(~_~;)

今回はDBA204で使って見ました。
此れにターンバックで補強^^;そこそこに仕上がりました。
修理内容は、縁石を飛び越えて左サス直撃、Sタワーが内側と上に損傷です。
013_201402051847149e7.jpg

道具って進化するんですね!(^^)!今では此れが10本も立つんですもの(汗)
簡単ですから作って見ては(^。^)y-.。o○タバコ代で作れます(^_^.)
015_201402051847178f9.jpg
爺の所は、お金無いから自作物が多いです(泣き)
真鍮0.8㎜ベース(引き板)が入りました。

従来の真鍮は光って居ましたが、今回の物は表面が腐食して居ます。
未だ試していませんが、ボンデ鋼板の様に付ける部分だけをサンディングして使用する事で半田の流れ出しを防ぐ事が出来るのでは^^;と考えました。
今回は、ボンデ鋼板とボンデ鋼板と同様の価格設定ですので是非ご使用下さい。
表面の腐食はバラバラです事、ご承知置きください。


真鍮の中でも硬い種類の物ですので、三爪式の「夢枕」引冶具を使って頂ければ、穴から避ける事は少なく成ると思います。
039_20140202164938cd6.jpg

520枚限定と成ります。
10枚+半端物1枚(オマケは先着20セット)
038_201402021649412b0.jpg

半端物0.8t×15×300
040_20140202170716407.jpg

「三爪冶具」上が汎用、下がスライドハンマー用です。
 他にベース3枚同時引冶具が有ります。
041_201402021734121cf.jpg
今からは、直す事が求められて来るのでは<(`^´)>

保険料率の改正で、18万の保険料を払って居る方は一回の事故で約50%割り増し!(^^)!27万に跳ね上がるのです。
影響は出て来ています。保険を使用しないに留まらず、リサイクル部品の高騰や供給増で価格は勿論の事良い粗悪な商品が堂々と供給され始めました。
部品の高騰は、我々の収益を阻害しユーザーに負担を強いる結果と成って居ます。
今、修理方法を見直して見る時期に入ったのでは(^0_0^)そんな気がします。

此れはグリル部分が切れてしまった例ですが、切れた部品が有ったので修理としました。
左右2ヵ所の修理と成りましたが、時間的にはサフまで60分以内で完了しました。直す事が利益に繋がりユーザーに喜ばれる様な修理に携わる者として喜べる結果が思います。


金網を使用する方法は以前にも紹介しましたが、強度は十分在ると思って居ます。
埋め込む方法も、半田こてで押込むだけの単純なものです。
004_20140201100957b99.jpg

現物は真ん中に穴が開いて居ましたが、バンパーパテで埋めてしまいました。
金網はL字型に入れて有ります、表から荷重が掛かり事を考慮し裏に入れました。不安な方は、両面に入れる事も可能です^^;チトムズカシイカナ
008_20140201101504d35.jpg

拘りで、穴を残したいと思うならば、先に穴を開ける見事は困難ですので、網を埋め込み後にサンダーの先を取替えて削る事も容易です。挑戦してみて下さい。
009_20140118082746eea.jpg

取替では(×1.0)  Frバンパ(ミトソウ)¥22,200 paint¥9,400(・・?ギモン⇒¥31,600
鈑金では(D0.4?) Frバンパ修理1.0H cutpaint1.0H ⇒2H?「イクラモラウカワ、アナタノジユウ<`ヘ´>」
此の比較をユーザー目線と作業者目線で度の様に感じますかヽ(^。^)ノ