暖かく成った4月^^;活動開始(^。^)y-.。o○

6日は、地元の市長選事務所開きナウ。
11日から北海道伺いまーす。
20日から九州でーす(^_-)-☆

新しい仲間、仲間との再会を楽しみにしています。

001_20140331074404fa0.jpg

003_20140331074402a7f.jpg
皆さん、おはようございます。

茨城は雨模様ですが、皆さんは休日もお仕事ですか。
早いもので、今年も1/4が終ろうとしています。

4月に成ると、税金が山ほど来ます(#^.^#)国民の義務とは言え大変ですね。
アベノミクス?¿まだまだ田舎では実感が有りません、人に頼らず頑張る事ですかね(笑)

休みの人・仕事の人、ドチラの人も頑張って下さ~い。
     新年度も、夢工房企画を宜しくお願いします。(^。^)y-.。o○
     

pptview-001.jpg

作業例
http://youtu.be/iCNfkBDKoXo


絞り
http://youtu.be/dBZtJKDls_k
結構な凹みです。
逆アールで伸びは無い様だが、嫌な損傷(~_~;)
出し過ぎると大変な事に成る。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=PioAIqzqBZI


動画 仔の様な作業が普通なんてすね。
https://www.youtube.com/watch?v=c9GfkUluZq4&feature=player_detailpage


010_20140329154131321.jpg

011_201403291541334ca.jpg

012_20140329154134e1e.jpg

粗出しは、何時もの接着剤。
013_20140329154136a38.jpg

結構改善されている。
凹んだ状態でスタッドを使うと力が必用なので延びが発生する。
先ずは接着剤で骨抜きにする(^0_0^)此れで小さい力でも出て来る。アンマ見たいな物かな(笑)
014_201403291542474e5.jpg

スタッドを弱い力で数を打つ事で平らになる。簡単な理屈だね。
082_2014032915425237c.jpg

083_201403300742182f1.jpg


240番で頭をカット(#^.^#)予め引き過ぎの所は簡単絞り機で突起を落として置く必要が有ります。
試して見て下さい、貴方のスタッドは240番でカット出来ますか。
其の位、小さな引きなんですよ(^_-)-☆
081_20140329154248d96.jpg

中央に傷が見えますが、此れを引くと絞りが必要に成る為。ヤメタ!!!
092_2014032915425008a.jpg

完成。今回はヤスリ掛け抜きでの鈑金でした。
087.jpg

逆アールは、正確な引出が要求されますね。
下手に凹みを残すと上下のパネルに影響が残ります。
又、引き過ぎは絞りを伴う為まとまりが付かなくなりますから、
要注意(^。^)y-.。o○です。
パテが必要だが、此処まで出るとは思わなかった!(^^)!

006_20140329153643aff.jpg

007_20140329153645c9b.jpg

008_20140329153647ef6.jpg

009_201403291536480c9.jpg
バンパー修理しようぜ<`ヘ´>

マツダの部品が値引き無しに成った(-_-;)皆さんの所もそうですか。
小物の返品は出来ないそうです。マツダ経営状態悪いのかな?
頭に来たから、全て修理でGo^^;
014_20140328103403b65.jpg

006_20140328103331145.jpg

交換バンパーから移植。
007_20140328103329d4f.jpg

切れ(/_;)金網補強。
008_20140328103327b7c.jpg

011_20140328103333a44.jpg

此の破片をヒーターで溶かしながらバンパー側も炙り接着力の一番いい所で乗せて仕上げはこて。
010_20140328103335c50.jpg

013_201403281034050de.jpg

同じ様に、温度管理を大切にして割れも修正。
012_20140328103408c85.jpg
自損事故、負担軽減の為鈑金。(リサイクル部品が無かった^^;)
粗出しが勝負(^0_0^)

マスキングは、水を使うと簡単だぜ(^^)/
001_2014032711312769f.jpg


004_20140326120524ec4.jpg

005_201403261205211e8.jpg

アーチ部分の凹みが、素晴らしく改善されている。
糊は、裏から出すよりも可也有効だね。
フェンダーを外さない事も、巧く出た条件かな。
そして、驚いたのは、大きな凹みも大きく塑性変形して居ない点^^;
一発引いただけで、損傷具合が一変した。此れなら叩く気に成るんでは(^。^)y-.。o○
006_20140326120519683.jpg

此の糊は再使用^^;エコエコ!!!
008_201403261205144be.jpg

フードとのチリも一緒に出たー(^。^)y
009_20140326120620f4e.jpg

010_201403261206186ab.jpg

先の方もう少し均せば終了だね。
安く上げるには、短期で仕上げる必要が有るから、少し手間を省く事も(~_~;)
011_2014032612061531f.jpg

叩いているうちに、バテ研ぎ嫌いなので「サフで行くか」に変わる。
此の方が楽珍だね(^_-)-☆サフ入れ始めてから写真忘れた事に気付く(*_*;
塗装屋さんにも、とっても優しい鈑金だね(^0_0^)
013_20140326172424a63.jpg

今回はヤスリ掛けしなかった事と、一部手抜きが(~_~;)
もう少し叩けば良かった、パテの部分^^;
002_20140327113124803.jpg



バンパー修理ナウ。
015_20140326171905abd.jpg

此の金網をぶち込む。
外してすれば簡単なのに、オオチャク者(~_~;)
PPよりステンの網の方が早く熱く成るので、其処ん所を巧く利用すれば!(^^)!カンダネ////
014_20140326171908b39.jpg

マツダは、此の穴を正確に整形しないとガタが出てしまう^_^;メンドー。
016_20140326171903c4b.jpg

ディーラー見積22万⇒10万抜く心算で(^_-)-☆
皆さん、お早う御座います。
二週続けての講習の余韻がまだ残って居まーす。
昨日の名工杉山先生の講習には感動です\(◎o◎)/!

昨日の講習お疲れ様( ´ ▽ ` )ノ
杉山講師のお話しが、自分の考え方と全く同じで有る事に感動しました。
伸びを残す事や絞りの考え方、炙り鈑金‼︎(^-^)/

実習では、炎を操る技。簡単では無い作業もサラッとこなす‼︎
再会出来る事を楽しみにして居ますo(^▽^)o お疲れ様でした。


015_201403240810075ac.jpg

昨日、講習の機材を積んで出発。
004_201403240809228a0.jpg

杉山先生の業務内容。
007_20140324080915ea4.jpg

職人特有の顔立ちで「恐そう」と思ったのは最初だけ。
実習では、易しい、思い遣りの有る叔父さんでした(^^)/
008_2014032408091603b.jpg

昼食(^0_0^)
009_201403240809185e7.jpg

午後も引き続き座学。
終了後、実習。
実習の内容は、講師に御迷惑が掛かるので乗せる事が出来ないのが残念です<(_ _)>。
006_2014032408101185b.jpg

昨夜は、講習の余韻を感じながら、旨い酒が飲めました(^。^)y-.。o○
014_20140324081006dd2.jpg
鈑金は、適切な粗出しで均しの時間を短縮出来る。
つまり、粗出しが一番重要であるって事かな。
14年のライフ^^;超過特約ってEね\(◎o◎)/!

此れで6d㎡ Cだって(~_~;)ウラモアルヨ!!!
003_20140322162621357.jpg

012_20140322163041f0a.jpg

004_2014032216261956d.jpg

003_20140322153103bf7.jpg

004_201403221531005c0.jpg

005_20140322153058fc7.jpg

240番で軽く消せる凸で引くと後が楽ですね!(^^)!
010_201403221533023f2.jpg

007_2014032215325455f.jpg

006_201403221532573d7.jpg

008_20140322153252e35.jpg

014_201403221535064d3.jpg

018_201403221535086fa.jpg

021_201403221535103cb.jpg

大型のフロントパネルは手強いですわ(~_~;)
今回は、チョット頑張ったので途中の写真忘れた。

普通の当て板だと此処まで、スタットで引く事にした。
012 (2)

裏を切るか迷ったが。
011 (2)

深さ20㎜のクレーター、此れは絞れないね。
01.jpg

此奴で引いて、クレーターは残す事にした。
02.jpg

スタットで粗出し後廻りをだして、均しに入る。
スタットでも可也無理が有ったね(*_*;
小型車の様に全体に出て来ない。突起が増えるだけだった(泣)
003_20140320181436e2f.jpg

先に、半田でクレーターを埋める。
熱が入るので均しの障害になるから^^;
004_20140320181604b29.jpg

此の前に仕入れた、塩化亜鉛が見つからない(汗)
仕方ないの【夢物語】の半田で鍍金。
006_20140320181607480.jpg

盛りと【夢物語】の半田は融解温度が違い過ぎ。
如何にか誤魔化して、盛り終了。
007_201403201816098bd.jpg

本格的な均しに、スタットで始めたが硬くて巧く行かないぞー(/_;)
仕方ないので、当板を作り狭い隙間から突っ込んで叩く。
013_20140320181610452.jpg

もう此れ以上は、気力が続かない(--〆)コノヘンデ、ゴカンベン(-_-;)クダサイ。
014_20140320181612d1d.jpg

以前から、当板を作ろうと思い色々考えていたが、
鈑金には、ヤッパリ当板が重要な事を思い知らされた作業だったね(-_-;)

今回の作業で、弓形のヤスリハンマーと厚物のスプーンを簡単に加工して使用した。
此れ「いい」曲げの度合いで痒い所まで届くんだなー三種類も作って置くと最高だね(^。^)y-.。o○
特に良かったのは、スプーンハンマー(^0_0^)厚味が有るのでチョット加工すれば当板に使えるよ!(^^)!
修正・時間の修正。開始時間10時⇒11時です。
茨城アウダ会よりお知らせ
  (システム上此のFAX連絡は会員52名全員に発送されます。返答無用)
 
 23日の講習会に付いて追加連絡致します。
  受付開始10時30分(遅れる場合は、高田迄連絡) 
  講習開始11時会議室10分前には会議室に入って下さい。

  当日は、実作業を行いますので服装は作業の出来る服装で。
  鈑金実習が有りますので、各自鈑金ハンマー、ドーリー(当板)を持参。
  
  講師は、全国を廻っている方ですので、失礼の無い対応をお願いします。
  講習中の私語は、会場外でお願いします。退場を頂く場合も御座います。
 
  講習開始時には「宜しくお願いします」終了時には「有難う御座いました」
  司会の誘導で、参加者全員大きな声で挨拶をお願いします。

  会員工場代表様にお願い。
  此の知らせを、参加される方全員にお渡し下さい。
 
 役員又は、お手伝い頂ける方は9時までに会場入りして下さい。
      アウダ会事務局・高田 (緊急連絡先 090-6511-8158)

この様な鈑金が見られるかは確認していません(~_~;)
011_201401141625042b5.jpg
012_201401141625266f1.jpg
013_20140114162529ffe.jpg
014_201401141625322df.jpg
015_20140114162535be6.jpg
昨日は、春一番の強風が吹き荒れましたが、暖かかった。
しかし、此の時間(2:53)に成るとまだまだ寒いです。
今日も一日頑張ってお仕事ですね(^。^)y-.。o○
001_2014031902474788c.jpg
此処の所、申告や講習の準備で、お出掛けが無かったので。
昨日は昨日と言う事で、今夜はチョックラ外晩酌に出掛けまーす\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ではでは、行って来まーす(^。^)y-.。
会場を提供頂いた、峯田自動車様有難う御座いました。
鈴木会長、市川事務局、各役員様御世話に成りました。

今回の講習は、石川の竹本代表 静岡の高田代表 茨城の爺、三人での講習と成りました。
此の三人の合同講習は、茨城アウダ会以来の二回目と成ります。
参加された方々には、少しでもお役に立てれば幸いです。

商品案内は此処をクリックヽ(^。^)ノ
http://zoo696444.blog91.fc2.com/
049_20140317093955b02.jpg

バテ研ぎの当て板を形状に合わせ即席で作り、簡単パテ研ぎ(^。^)y-.。o○
025_20140317091236ded.jpg

あらら^^;簡単じゃん(^0_0^)
029_201403170912388de.jpg

高田屋さんのお連れ。飲過ぎて名前忘れた<(_ _)>ゴメンナサイ
031_201403170912415d0.jpg

パテ研ぎの当板は買った事が無いそうです。
032_20140317091243beb.jpg

全て此の薄い板で仕上げたのにはビックリ!!!
此の教材は、三方からラインの入った複雑な形状だったが、
簡単に仕上げてしまう所は凄い(@_@///爺も挑戦して見よう。
042_20140317093952158.jpg

仕事は手早く、高田屋流仕上げ方法にも関心で、頷いてしまいました<(_ _)>
037_201403170912461dc.jpg

爺は、半田引出・オートスタッド・接着鈑金を披露。
1620381_466409890152124_566602833_n[1]

竹本さんにお手伝い頂き、接着鈑金の良さを講習(^。^)y-.。o○
1795669_249994168513066_1048290063_n[1]
アフターマーケット見学に行ったが、規模が小さいね。
アベノミックスも「何処吹く風」此の業界には未だ吹いて居ない(~_~;)
004_20140314173621748.jpg

今回の目的は、見学より北海道講習の打合せだったんです。
北海道から来場した中垣塗料専務との濃い打合せが出来ました。
川村さんにもエムエスジャパンシステムのブースで手造りの昼食を頂き、有難う御座います。
その際、御紹介頂いた「深澤」さんとお話が出来ました。川村さんの昔の同僚の様です。
塗装に熱い方の様で、色々と聞かせて貰い、是非一度は講習に参加させて頂きたいと思います。
005_20140314173644e23.jpg

006_20140314173613526.jpg

TMコーポレーション。
石川県からの参加の様でしたが、全国展開している様です。御存じの方も居ると思いますが。
内容はコンビニの発想かな? 
「24時間営業を目玉として高度な仕上がりを提供」全国展開。フランチャイズでは無い様です。
明細は聞かなかったので、多くの言葉は控えます(^0_0^)熱弁には熱い気持ちは有りました。
008_20140314173616cdc.jpg

鈑金塗装に関する目新しい物は無かった(疲れた)
欲しいなー^^;と思った物、トヨタの出品。
001_20140314173610fbb.jpg

003_20140314173618d20.jpg

アフターマーケット見学で、仔の様な物をしか紹介する事が出来ない(汗)
剥離に問題が有ったが、デント用の糊は剥がれ易いが、
接着力の有る糊を使うと剥がれ難いですね。

しかし、軽く炙ってヘラでシゴクと剥がれる様だ。
今迄は、炙り過ぎの為ベタベタになり過ぎて面倒だった様だ。
張る位置が決まれば、廻りをガムテープで養生した方がEね^^;
ガム底部を張る面積より小さめに張ると、剥がす時にガムテープを剥がす事で糊も一緒に付いて来るかも( ..)φメモメモ

003_20140312163524ca6.jpg


005_20140313095618dc5.jpg

006_20140313095621314.jpg

引いた部分はE感じに出たね。
009_20140313095616af3.jpg

此処の部分は、下の損傷から影響を受けている為、出無いね。
でもも突っ張った感じは取れている。
011_201403130956150d9.jpg

廃業に成ったメーカーの様で、情報が全く有りません。

配電盤を外す際に、マーキング無しで外した為取付け位置が判らないトラブル。
経験者なら、仔のような外し方はしないのだか^^;
大凡の位置も、判らなくなってしまった様で、同社の車両が身近に有れば、配電盤の配線の写真だけでも頂きたいのですが。
昔のリレーでしたら、如何にか成るのですが、シーケンスが組み込まれて要る為、頭が痛いです。

情報、宜しくお願いします。

014_20140313100712819.jpg

016_20140313100710429.jpg

015_20140313100707e31.jpg
おはようございます<(_ _)>

如何にか纏まった!!!
タバコ喫い過ぎて喉が痛てー。
今から寝たら起きられそうも無い(~_~;)

004_201403130542189a6.jpg
鈑金の早さと仕上がりは、粗出しで決まる<`~´>
[広告] VPS
如何にか試作完成。早々に実験しました(^。^)y-.。o○

今回の目的には、ホットメイト糊強度の実験も兼ねている。
最初にデント用黒で挑戦(~_~;)見事に剥がれた。アララ^^;
続いて硬目の物に交換して再実験\(^o^)/お見事です(^_-)-☆ヤッタター...。

此の凹みを強制的に粗だしすると、二次損傷が出易い。
003_20140312163524ca6.jpg

其処で実験。張る事で二次損傷を防ぐ事を試みる。
004_20140312163528d87.jpg

右のボックスにラチェットを掛けて回す方式だ。
流石に今回はエアーラチェットは使えなかった(汗)
軽等の薄い鋼板には持って来いでは無いか!(^^)!
005_2014031216353090b.jpg

ある程度張ると「バーン」と音と共に修正された(#^.^#)
写り込みを見ても、まあまあに凸凹は少ない。
014_20140312163452df1.jpg

12㎜の台ネジがしなる位に成るまで引いても、剥がれる気配は無いヽ(^。^)ノ
此の状態で折れた部分を押して見ると「豆腐の様に」張りが抜けていた(笑)
叩く条件では最高の状態、均して張りを戻せば動かなくなるはずだ<`ヘ´>
013_201403121634503c9.jpg

[広告] VPS





此の応用を何処に使うか、此の実験は氷山の一角。

前後フェンダーも、引いて修正する事で「楽に早く綺麗に」時短と楽しさの融合だね。
クォーターのチリ合わせも傷付けずに修正可能だろう<`~´>

色々な部分に色々な方法でチャレンジしたいね(@_@。今日も一歩前に進んだ\(^o^)/
最終仕上げは、強度的に14㎜のシャフトを使用する(在庫済み)