接着剤の使用を促進する上で、課題に成って居た糊を剥がす事が解決。
実用化に向けて、増々拍車が掛かるだろう。


IMG_5859_201502270753042bb.jpg

IMG_5884_20150227075305fb3.jpg

IMG_5886_201502270753066ed.jpg

IMG_5887_20150227075308c56.jpg

簡単に綺麗に剥がす事が可能に成った。
取敢えず、此れで方針決定したね(#^.^#)//
IMG_5888_20150227075309e0a.jpg
講習で、何時も言う様に..........「クシャクシャにした新聞紙を平らにする方法は」
正に、其の物ズバリをすれば、パネルは平らになる(●^o^●)


今回は、スプーンハンマーを使って見た(#^.^#)//
IMG_5827_2015022615232665f.jpg

ドアに10㎜は食い込んだリャサイドパネル!!!
IMG_5857.jpg

半田で100㎜のベースを使用したら、あらら!!グイグイ出ちゃった(笑)
IMG_5861.jpg

引きながら、粗出し。
IMG_5890.jpg

絞りながら、均し。
IMG_5892.jpg

叩いたままのパネルに、シャシーブラックを塗った見た。
あら不思議、ドアの映りを見ると、あんなに絞ったのに凸凹が見当たらない。
あららららら、凸凹は何処に行ったんでしょうか(笑)
IMG_5894.jpg

今回の依頼は鈑金だけ「パテを付けないで納車してほしい」...........エー(#^.^#)\\
「少しの歪はEから」少しの歪って、意味判んないね...................^^;
ヤスリ充てて、もうひと頑張りとライン修正でEだろう(大汗)
IMG_5896_20150227081540f75.jpg

鈑金って、面白いね。
取敢えずドア側のラインを半田で出す。

均しは【ばんばんⅡ】で均しのパターンかな。


CIMG4304.jpg

CIMG4303.jpg

CIMG4306.jpg

CIMG4313.jpg

CIMG4314.jpg

溶けた部分は、チップの先端が浮いていると、スパークス(~_~;)\する。
突起が無いのが判りますか、富士山を作ってしまうと後処理が大変なのだ。
根気良くチマチマ遣るのが、結果として早く綺麗に成るのだよ(●^o^●)

CIMG4319.jpg

ぼちぼち上げて鋸刃で平らか確認しながら、また引くの繰り返し。
【ばんばん】は平均的に自動で上がるので楽と言えば楽だ(^。^)y-.。o○

CIMG4320.jpg

もう少し引くか。
引く回数で平らになる率は高くなる。

CIMG4322.jpg

ちぼちぼ凹みは有るが、此の辺で終了とします(汗)

CIMG4323.jpg

此処が唯のスタッドとの大きな違いだ !!!

前にも紹介したが、此れが良い効果を出している。
穴の大きさの範囲を持上げね事が出来るので、ポイントを上げるのに都合が良い。
効果は、普通スタットで引いて廻りを叩くが、此れは此の狭い範囲で自動で【ばんばん】がしてくれる。
正常な部分まで引上げてしまう、スタッド。9㎜の凹みを9㎜の中で処理し、正常な廻りを引揚げない処が素晴らしいと思うのだ。
当然修正時間は、短く成るね。今から増々スタッドの作業は増えて来ると思います。
此処に書いた他にも、テクニックは必要ですが、先ずは素人でも出来てしまう所が面白い。
増々改良を加え、完璧を目指したい。

CIMG4324.jpg
80チェイサーに続き、オブティー(#^.^#)

どちらとも、部品供給STOP\(◎o◎)/!
直すんだって....................今の世の中如何なっちってるんだろう。
まあ―Eか....................お仕事お仕事(笑)

IMG_5827.jpg

IMG_5825.jpg

IMG_5823.jpg
硬い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
まず、折れを修正する事は難しい‼︎

普通はラインを引くのだが、無理‼️
凹みの中程を引く事で膨らみ持たせ、徐々に廻りを引出す事で平な部分は出たが、ラインを出す事は出来なかった。
修正出来なかった部分は、盛りハンダで対応苦肉の対応(((o(*゚▽゚*)o)))

20150219091350d91[1]

201502190913457e6[1]

201502190913479df[1]

20150219091349cc6[1]

20150219091447a21[1]

IMG_5798.jpg

20150219091447740[1]

IMG_5796.jpg

20150219091446771[1]

IMG_5797.jpg
おはようございます‼

昨日は、茨城北部では雪とか。
鹿嶋も寒い一日でしたが、二日間の悪天候も去り、お日様が顔を出しました(((o(*゚▽゚*)o)))
週末に向けて、頑張れそうです。
皆さん、本日も宜しくお願い致します‼︎
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪V♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

IMG_5794.jpg
車両保険が付いて居るが、修理で頑張ります。

接着引出を併用して、出来るだけ損傷を小さくする事を狙う。
もう少し修正して、終了です( ^)o(^ )//

CIMG4290.jpg

CIMG4291.jpg

CIMG4293.jpg

IMG_5760.jpg

IMG_5757.jpg
【ばんばん】シリーズもまだまだ進化しますが、ほぼ完成しました。

誰でも平らに引出す事が出来る、精細な引きをお届けします(●^o^●)
此れからは、此れに付ける冶具の開発が始まります。

線・点・面の引出をカバーするには、冶具が必用不可欠(--〆)
開発を初めて、足掛け五年目、試行錯誤がもう少しで実を結ぶ。

CIMG4294.jpg

久々に、【ばんばんⅢ】大型用を普通車に使って見た。
圧倒的な引きの強さには、驚かされた。
引くスピードの調整を加えれば、最面白い物に成るな\(◎o◎)/!
CIMG4298.jpg
勉強しようぜ!!!
藤田義智氏&伊倉大介氏のダブル講演www
宇都宮にて「集客」についてのお話をさせていただきます。前日には藤田さんのミッチェル見積もり講習会もあります。
定員になり次第、受付終了になってしまうようですので、ご興味ある方・ご参加いただける方は、伊倉までご連絡くださいませ(^^)申込用紙をお渡しします。

1096n[1]
岩手アウダ会様・青森アウダ会様、夢工房企画・講習内定(^。^)y-.。o○

秋までには、最々進化した鈑金技法をプラスしてお見せ出来ます様頑張ります。
岩手アウダ会・青森アウダ会の皆様、宜しくお願い致します。

IMG_5268_20150119144704585.jpg


お疲れ様です!
昨年、宮城の花壇自動車大学校での研修では、お忙しい折に大変お世話様でした。
前評判通りに多くの参加者を集め、盛況の内に1日の研修が終焉となりました。
感動のひと時を与えて戴き、本当に有難うございました。
次年度(今年)もまた、ご面倒でもご指導の程を宜しくお願い申し上げます。

今朝ほど、失礼ながら電話での仮予約をさせて戴きましたが、改めてご通知致します。

  ① 岩手アウダ会企画分
        ・開催日    :10月 4日(日)10:00~
        ・開催場所   :未定
        ・連絡先事務局 :(有)信和車体工業 代表 菅野 学
        ・事務局工場電話:0197-41-4066

  ② 青森アウダ会企画分
        ・開催日    :10月18日(日)10:00~
        ・開催場所   :五所川原の(有)安田自動車板金様の工場
        ・連絡先事務局 :古川鑑定事務所 代表 古川金美
        ・事務局電話番号:0172-53-6612

以上2個所での研修をご依頼申し上げます。
尚、前日夕方における事前準備と懇親会については、既に打合せ済みです。
開催日が近づきましたら改めて研修案内でのご連絡をさせて戴きます。
島田さん、御返答有難う御座います。
改良に役立てたいと思います。


島田さん、その節は有難う御座いました。
お使い頂いて、如何ですか。宜しければ体験談をお聞かせ頂けますか。
今後の改良の参考にしたいと思いますので、宜しくお願いします。爺

tt696444-img600x450-1423544662cjk81f20648[1]

高田様
ご無沙汰しています。
取引ナビに連絡頂いた様ですが気付いたのが昨日でした。遅くなってすいません。
ばんばんの方は快調です。実際使ってみると作業が楽しいですね。
大きさもちょうど良く、とてもよく考えられた物で素晴らしいと思います。
ブログを拝見しながら勉強させてもらってます。
引き出す時のチップの先端は、ブログの動画(ドアハンドルの上部)でかなり丸い先端のように見えたんですが、先端の形状で引き出しの違いはあるのでしょうか?
それから、サービス?で付いていた絞り用のチップなんですが、銅の本体とネジ部の真鍮?がゆるくなって外れてしまうので代わりの物を購入するのは可能でしょうか?
質問ばかりですいませんが、宜しくお願いします。

.................................................................................................................................................
島田さん、連絡有難う御座います。
喜んで頂いて成り寄りです。
絞りチップは今生産中ですので、出来ましたらブログに記載しますので、宜しくお願いします。
チップは。先端を丸くした方が有効です。二mm位なら平らのままでも良いと思います。
特に、強く付けたい場合は突起が出難いですので、試して下さい。
此れからも、宜しくお願いします。爺
四国第2弾「愛媛自動車車体整備協同組合」様、講習決定o(^▽^)//

2015-03-01開催
2月15日25日と、三週連続の講習ですが頑張りま〜す。

愛媛の皆さん、新しい技術を持って伺いますので、宜しくお願い致します*\(^o^)/*
明細が出ましたら、追加報告致します。。。

009_201409051715146f6.jpg
新しい冶具の試作品が出来て居たが、中々検証する機会か無かったが、
今回、簡単な作業が有ったので、検証して見た。

結果は、思って居た通り良好である(●^o^●)

ただ、引いただけでは、詰った部分の上下に歪が残るが、其れを解消する為に考案!!!
真っ直ぐ引くだけで、損傷部分に左右に拡げる応力が同時に発生するのがポイントだ。
真っ直ぐなラインでもベースの穴の位置を変える事で、応用出来る。

IMG_5585.jpg


IMG_5589.jpg

この様に、詰まった損傷の修正には可也期待できるものと思います。

20141013094155ae6[1]

此の方法だと、左右に引く応力は発生しにくい。

019_20141013094201ed2[1]