MRワゴンのリヤスカート交換を始めてした。
スポットの多さには驚いたたよ(/ω\)

左右エクステンションパネルには、64個×2、隠れスポットが4×2 !!!
スカートパネルには、52個隠れスポット4 (≧◇≦)
二度揉みは、8ヶ所。合計幾つになるの(*^▽^*)\笑うしかないね。

もう、二度としたくないよ..........(。◕ˇдˇ​◕。)

IMG_0716.jpg

IMG_0717.jpg

IMG_0719.jpg

フロワーは講習でも言って居る様に「治るまで引け、治るまでハンマーを入れるな」此れがポイント((((oノ´3`)ノです。

IMG_0914.jpg

折れが見事に修正されるのだ(´∀`*)ウフフ

IMG_0935.jpg

IMG_0916.jpg

此の穴幾つある(。◕ˇдˇ​◕。) 何と200回の労力がつぎ込まれています。
回数から言えるのは、1個000円としても、幾らになるの(笑)
5.2に何の根拠が有るのか、判らん !!! 誰か教えて下さい (汗)

IMG_0938.jpg

IMG_0940.jpg

皆さん、お疲れ様でした。 
私も、兎に角疲れたので、外の呑みに出掛けてきま~す _("_´ω`)_グイグイ
随分前の作業ですか、此の頃「接着引出」にはまって居た(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
中々巧く行かなかった思い出が有る \(;^ω^)\

「接着引出」「夢物語」「オートスタッドばんばん」を使い分けて作業する。
此れが、当時思い浮かべた鈑金だった。
此処に来て、未だ成長途上だが思いが叶いつつある。

【鈑金は絶対変わる、変えなければ、変えて遣る】その様な思いが、己を動かす(。◕ˇдˇ​◕。)

0000.jpg

0001.jpg

0003.jpg

0005.jpg

0008.jpg

0008.jpg

0012.jpg

0014.jpg

0015.jpg

0016.jpg
新車の下に出した車両で、査定後にダンプのケツでぶつけてしまったそうです。
所長に内緒で(笑)直しての依頼'(書いちゃっていいのかな(;^ω^))
「出来るだけ安くパテで良い」同遣ってパテを付けようか((-_-;))

お腹空いたので、飛ばしでの紹介で~す(。◕ˇдˇ​◕。)/

何て、言われても無理無理だよね。
治具工具の試験に使わして貰います((((oノ´3`)ノ

【夢物語】と【のりのり君】の治具を試して見ました。
中々、面白く作業させて頂きました。

IMG_0863.jpg
IMG_0868.jpg
IMG_0870.jpg
IMG_0872.jpg

此奴は【夢物語】の治具だが、巧く機能して居るね。
IMG_0877.jpg
IMG_0882.jpg

結果、ラインは修正され上の凹みも修正されつつあるよ。
後は、上の部分を修正していけば平らに成る筈(*^▽^*)/
IMG_0886.jpg
IMG_0897.jpg
IMG_0901.jpg
IMG_0903.jpg
IMG_0908.jpg
IMG_0911.jpg

掛かり切りに成れなかったけど、テールが入らないと無理何で此の辺で止めときます。
三日目は、千歳に戻り「㈱ホシボデー」さんでの講習です。
星社長には、昨夜の札幌懇親会でお世話に成りました。
二次会からの帰宅二時過ぎだった様ですね。

今回の講習の課題は、「時間短縮」がメインで、其れに伴う「技法の習得」と致しました。
到着して、敷地のデカさに吃驚です !!!
零下12度の朝でも、工場内は暖房完備で鹿嶋の工場寄り快適(*´з`)/
IMG_0785.jpg

星社長、広川専務とのスリーショット。
今回は写真を撮り忘れて少ないので、御免なさい。
IMG_0789.jpg

まず、噂の鬼軍曹から提案されたのが、此のドアを修正。
ベース100㎜を半田付けして、縮んだパネルを元に戻す事から始め。
午後から、スプーンとヤスリハンマーでの粗出しを指導しました。
均しまでは、時間的に無理が有りますので、理論等を加え実演指導。
其れなりの手応えを、お互いに感じたと思って居ます。
IMG_0786.jpg

一連の、作業の指導。
接着剤は、何処でも好評ですね(笑)
どれを取っても、直ぐに出来る技術は有りませんが、努力頂ければ必ず自分の物に成りますから、頑張って下さい。
IMG_0787.jpg

皆さん、有難う御座いました。
帰りは、飛行機の遅れで一時間オーバーしましたが、無事フライト出来ました。
IMG_0790.jpg

茨城空港到着。
IMG_0795.jpg

自宅でゆっくり晩酌を出来る時間に帰れました。
IMG_0800.jpg

今回の遠征では、広川専務、広川社長、星社長、鬼軍曹等々、多くの方のお話しを頂き、大変心に残る遠征でした。
此の講習で、少しでも鈑金修正の考え方が変われば幸いです。
関わって頂いた方々に、感謝致します。有難う御座いました。
おはようございます(*^▽^*)//
投稿が空いてしまい、御免なさい。

極寒の地北海道。寄りにもよって、大寒波襲来と重なる最悪の気象状況の中、株式会社広川自動車工業様に単独講習のご依頼を受け、出掛けて来ました。
出発の朝、床から起きると先日のギックリ腰の影響か、歩けない f(;´∀`) 熱い朝風呂にドボーンと浸かってマッサージ......如何にか動けました(爆笑)
茨城空港へ車で50分、早く付き過ぎFBしてたら、出発1分前 //(;^ω^) 誰もいないのに気付き慌ててゲートを潜ったよ(冷汗ドド―)無事乗れました。

水戸二校書道部の書初めに元気を貰い、いざ出発(少し慌てたけど!!!)
IMG_0722.jpg

雲の上は、気分のいい晴天。
IMG_0724.jpg

千歳空港に降りたら、最悪の極寒を体験。
広川専務のお迎えで、一路札幌へ向かうも、高速道路は閉鎖(。◕ˇдˇ​◕。)/
IMG_0730.jpg

下道で、広川自動車工業さんに、無事到着しました。
IMG_0737.jpg

時間が有ったので、軽く講習の後、広川自動車さんの新年会に \(*^▽^*)/
広川社長と同席させて頂きました(*^^)v
IMG_0748.jpg

札幌のホテルからの夜景は、奇麗だったね。
朝風呂浴びて、マッサージ。
IMG_0743.jpg

いよいよ、本番。
出来る事、全てお伝えしました。
IMG_0772.jpg

一生懸命、覚えようとする姿に、此方ものりのりで頑張れました。
IMG_0774.jpg

IMG_0735.jpg

明日は、千歳に移動。
其の、千歳からホシボデー一同がすすき野で合流。合同の交流会と成りました。
二次会も誘われましたが、明日の講習と腰痛の為辞退 (#^.^#)。裸の盛り上がりが有ったようです💦
IMG_0778.jpg

専務の「鬼軍曹」を照会され、話に花が咲きました。
IMG_0779.jpg

兎に角、びっくりぽんの面白い人達でした。
IMG_0780.jpg

続きは、ホシボデー遍を記載します。
酒飲みも飽きたので、チョットお遊びして見ました (笑)

前から頼んでいた、材料が入った来た。
此れにどんな魂を吹き込むか、思案中.........(。◕ˇдˇ​◕。)/

IMG_0628.jpg

此方は【ばんばん】を改良中。
チップの調整を簡単にして、効率アップを狙うのだ ((((oノ´3`)ノ

IMG_0629.jpg

此の丸い摘みがで、簡単に調整出来る様に改良。
此れで、又少し時短に貢献出来るだろう !!!

IMG_0630.jpg

デントの方も並行して進行中だよ。
「ラバーディップ」の講習にも参加しまーす \(#^.^#)/
IMG_0631.jpg

さてさて、酒は飽きても夕方に成ると気持ちも変わるんだね(笑)
では、そろそろ上がります\(*^▽^*)/
今年は「炙りで均し」と「究極の絞り」に挑戦します\(*^▽^*)/

新年早々データー取りを始めました。

炙り出しから~の歪取を炙りでする。
歪を炙りで出来たら、時間短縮は大きく前進するだろう。
ペコぺコ虫の殺虫剤にも成りそうな予感がする (笑)

二時間足らずの試みでしたが、手応えは十分有った。

鈑金に携わって45年目に入るが、昔の職人は凄いと今更に思う。
此の技法を当時既に使って居た点に凄さを感じざるを得ない。

面の絞り、線の絞り、点の絞り !!! 熱の掛け具合で自在に操る。
時が過ぎても、此の技法は枯れないだろう。

電気での絞りが主流に成ってしまった要因は、何だったのか。
炭素の多く含まれた今の鋼板に使うには無理が有る様な気がする。

電気は、デジタルで管理出来、手軽で使い易いと言う点で普及して来たのだろうが(-ω-)/
鋼板を硬化させると言う欠点が有る。其の原因は瞬時に熱を加え瞬時に冷める事が大きな要因の様な気がする。

ガスは、絞りに際し廻りにも熱を伝える事で、冷ます時間がコントロール出来るから、硬化し難いと自分は考える。
原子電子などの関係は全然判らんが、体感で感じる(;^ω^)\

簡単な実験で其れは判る。現行車のフレームにミグ溶接を10㎝程した物と、ガス溶接で10㎝した物を常温まで冷まして、鋸刃を入れて見ると硬化の度合いかハッキリ判る筈です。

此の事からも、電気での絞りは今の鋼板には向いて居ない事が判るはず。

IMG_0514.jpg

フッ素は凄い、チョットの炙りでも塗料の変化が見られない\(◎o◎)/!

IMG_0549.jpg

話がズレてしまいましたが(;^ω^)\\ 続きはまた後で..........
新年あけましておめでとうございます。

12109100_974724832592821_1410258650845783570_n[2]

1926年【夢考房企画・飛んでる爺さん】の目指す処。

半田引出鈑金+接着引出鈑金+スタッド引出鈑金をシステム化する事で、鈑金範囲を広げ且つ時間短縮する事を目指します。

時、今が鈑金の技を持つ者の力が発揮できる格好の時期。
悪の保険料率改定に伴う鈑金の重要性が問われています。

鈑金=パテの概念を捨て挑戦する事が時期相応と考えます。
パテ前の写真添付、長期保証の実現等を踏まえ、挑戦するに値する時期に来ているのではないのか。

其れが、鈑金システムです。キズを大きくしない、二次損傷を作らない、修正時間の短縮、指数に問わられない鈑金料金体制を前面に出した請求を目指します ((((oノ´3`)ノ
今年の新工法は「炙りで均し」「絞りの極意」を、皆様の御助けを得ながら確立を目指します。

重要な課題は、未だ未だ有ります。
下地の時間短縮です!!! クレームゼロの下地作り、此の部分の強化をも図らなければ成りません。

年明けには、会員の有志の協力を仰ぎ、賢明な方法を作り上げる事を目指します。

現在、塗料メーカー、資材業者の説明を信じ購入している資材も現場の声で見直し、選り良い物を利用する選択も重要と考えます。

此れまで以上に、会員の皆様の御協力を宜しくお願い致します。
ではでは、今年一年も、素晴らしい仲間達と鈑金の革命を起こす為に頑張ろ~~~..........(*´▽`*)//
\\(*‘ω‘ *)((((oノ´3`)ノ(^^)/(*^-^*)(*^^)(●´ω`●)(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾(/ω\)(^0_0^)(;´・ω・)(#^.^#)(。◕ˇдˇ◕。)/