69124_292567387523154_584875773_n[1] 150309_292567427523150_1018437993_n[1] 247718_292567470856479_1265476910_n[2]

,ms 修理中の写真です
上部の波及は全部解消されましたが思ったより修理範囲が大きく
なってしまいました、もっと勉強して皆さんのように小さく出来るよう
頑張ります(汗)

高田 平三 流石ですね_(._.)_ポイントを的確に引く。
引きながら、周りの状況を見る。



高田 平三 二枚目の写真の状態では引くポイントが狭い。もう二枚左右に付けて左右の二枚を交互に引いて様子を見る。中央の凸は最終近くで均す。多分引きベースは50㎜位の幅と見た。出来れば100㎜幅を二枚付け直して同時、若しくは左右の凹みは見ながら別々に引く事で、左右の凹みは解消された可能性が有る。
一番重要なのは、ラインを正常に出し。正常なライン全体を引いて上部の損傷を修正する。
別々に引いて、早い段階で叩きを入れると歪は残るよ。・・・もっと見る

高田 平三 追伸・此処までの、正味作業時間は1H足らずでしょうね。スタットで均しても2H超で、塗装屋さんへ移動出来る事でしょう。
塗装屋さんは、全体の歪の調整が有るので、交換よりは時間が必要と思います。其の分も鈑金指数でカバーする必要が出てきます(^_^)
損傷部分全体を剥離した場合と、現状からの下地作業では、時間差は可也の差が付くと考えます。正解です。


,ms 高田さん、ありがとうございます
もっと早くやる為に今度は作業前に聞いてから取り掛かろうと思います(笑)
失敗しないと覚えが悪いほうなのでとりあえずやってみました(汗)
経験を積み重ねて皆さんに追いつけるように頑張りたいと思いますので、これからもご指導宜しくお願いします。

高田 平三 狭い範囲で完了しようとした、原因は此れかな(*^_^*)
普通なら大成功、万々歳ですが、もっと欲を出して貰いたい<(_ _)>
頑張って下さい。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック