厚味を増して再登場。
5.5㎜の厚みの硬いステンを使用する事で、今迄の弱さをカバーしました。
ステンは価格に難が有るので、見積が届くのが怖い(~_~メ)
PQ008_20121122171036.jpg

ボルトを溶接して固定する事で作業性も向上。
PQ011_20121122171035.jpg

以前の手作りの物と比べても頑丈さが見て取れます。
アイナットも一回り大きくし、修正機のチェーンフックの使用を可能にした(^_^.)
PQ012_20121122171035.jpg

PQ001_20121122180051.jpg

引き板ベース板も改良中。
PQ004_20121122171034.jpg

平板をプレスで曲げる為の手作りプレス型もうまく機能した。
補強して、使えそうだ(*^_^*)ミニでも歯は45cの高張力鋼板を使った要るのだ!(^^)!
PQ005_20121122171034.jpg

仮曲げ後再度プレスするが、自社の20tプレスでは曲がり部分があまい(~_~;)
PQ006_20121122171236.jpg

流石、職人の50tプレスは凄いね、綺麗に曲がった!(^^)!
PQ013_20121122171034.jpg

此れでベースも長持ちすると思う(*^_^*)
引く治具は、此れで行けそうだが、ペースをもう少し改良して見たいね。
1㎜と1.2㎜を用意したが、0.8㎜も追加したから度の様な所でも対応出来るだろう。また、真鍮は1㎜だけを採用1.5㎜は大量在庫が有るので対応出来る。

疑問・真鍮ってスポット聞くのかなー(~_~;)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック