今年の10月1日から全面的に新保険料率が適用*され、此の位の損傷は修理に成る確率が高くなった。時間を掛けての修理は当然無理が出て来る。
短時間での作業が要求されが、今の車は、ラインや形状が変化に富んでする為高度な鈑金が要求される。
当然、今迄の指数では対応出来ないだろう(~_~;)
今迄の「保険だから」は通用しなくなると考えられる。試算では事故前の保険料の三倍?が三年間。特に契約料の高額な若者に負担が多くなる。一年に二回使用すると六年間高額な保険料を払う事に成る\(◎o◎)/!

*「昨年10月1日以降のの契約は新料率が適用され、今年の10月1日からは全ての契約が新料率となる」

PQ003_20130106122333.jpg

PQ005_20130106122333.jpg

PQ006_20130106122333.jpg

PQ007_20130106122332.jpg

PQ010_20130106122332.jpg

PQ015_20130106122331.jpg

PQ017_20130106122639.jpg

PQ013_20130106122638.jpg

PQ020_20130106122639.jpg

PQ030_20130106123104.jpg

PQ夢工房企画2012-494

PQ夢工房企画2012-495

PQP1000525.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック