色々試していますが、此れが一番と言う所までは行っていないが、
着実に簡単な作業方法が見つかりつつある(^0_0^)
誰もが出来る方法を模索して、皆で簡単に使える様にしたいものだね(^。^)y-.。o○
PQCIMG0215.jpg

PQCIMG0216.jpg

PQCIMG0217.jpg

メッキもティッシュで出来る様に成った。大きな進歩です!(^^)!
PQCIMG0245.jpg

PQCIMG0247.jpg

PQCIMG0253.jpg

PQCIMG0254.jpg

PQCIMG0256.jpg

PQCIMG0258.jpg

PQCIMG0260.jpg

PQCIMG0261.jpg

PQCIMG0286.jpg

PQCIMG0287.jpg

PQCIMG0290.jpg

此れだけ、ステンの板に熱を加えても、手元が熱く成らないのは半田を溶かす時に奪わる熱量は可也の物が有る。熱量を柔らかく且つ適温で供給する必要が有る様だ。
PQCIMG0300.jpg

PQCIMG0304.jpg

PQCIMG0305.jpg

PQCIMG0308.jpg

今迄の方法だと、廻りの塗料が焼けて変色する事が普通だったが、
熱の掛け方が違う為、鋼板が必要以上に熱を持たない為塗料の変色が少ないと思われる。
PQCIMG0309.jpg

此の方法では、表面の荒れが残るが、易しい事は事実。
下に、ぼたっと落ちる事は避けられた。まだまだだねφ(..)メモメモ
PQCIMG0310.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック