半田板金とはチョット違うが
半田こてを使って、PPバンパーの補修を紹介する
DSC00263.jpg DSC00237_20100226154620.jpg
半田こては温度調整付きの物を使用した。
普通のこてでは温度が上がり過ぎてPPが劣化し弱くなってしまうよ。
強度を持たせるには温度調整付きの物を使ってね。。。。。
最初に塗料を剥がし素材を出す事から始めよう。
塗料が混じると強度は半減するよ。

位置を決めて溶着開始、
その前に位置決め後裏側を仮止めして置いた方がいいかも。
DSC00255.jpg DSC00261.jpg
半田こての温度を調整する。
煙が出たら高過ぎだよ、チョットつまみを回して温度を下げて。
DSC00262.jpg DSC00264_20100226154619.jpg
PPの奥まで小手先を入れ、中まで溶かさないと旨く行かないから気をつけて。
凹んでPPが足りない時は、廃棄バンパーから素材を徴収して補うんだよ。
その時も、表面だけ撫でても駄目だよ。しっかり溶け込むのを確認してね。
切れ目から左右に10mm強の補修が必要かな。
DSC00265_20100226154618.jpg DSC00258.jpg
裏側も同じ様に仕上げるんだよ。
終わったら成型して完了。半田と同じで温度管理が重要

廃材で何回か試してからにしてね。旨く行くとイイね。
修理箇所はニクロム線で補修した物よりはベターと思うよ

新品の強度は無理なので、お客さんには良く説明しておいてソコントコ大事だょ

爺でした。


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック