皆さんおはようございます。
盆休み真っ只中、仕事より疲れている人も多いと思います(笑)

10時から新盆お見舞いに出掛けます。時間が空いたので昨日の実験の仕上げを試みました。

凸の部分を落とし凹みの残った部分三回ほど引いた結果ですが、使えそうですね(^0_0^)
此の部分はデントに関わる人でしたら得意でしょう、叩きが物を言いますから\(^o^)/



最初の凹み
PQIMG_1474.jpg

一発引いた状態
PQ021_2013081408311548a.jpg

周りの凸を叩き、低い所を三回ほど引く
PQ023_20130814083121806.jpg

糊は回収して再度使用
PQ024_20130814083122645.jpg

フードに良く見られる、奥への凸波及は解消されている。
引き力が無いと、残ってしまうケース(~_~;)
スタットで引くと、部分的に伸びてします、奥まで引く事が難しいのでは有りませんか。
PQ027_20130814083124b58.jpg

納得行く仕上がりと思っていますが、細部を最詰めて見たいですね(^_^)/~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック