今日は、工場長が応援に来てくれたので、爺は昨夕の続きを試みる。

前日夕方慌てて接着鈑金を試みたが、此の場合ラインを出せば簡単と判断。
ラインは三回の引くで終了。

インナーまで曲がっていたが、曲りは修正された。
潰れたインナー修理には、ドア脱着が必用かな。

003 (2)

004_20130901111141679.jpg

006_20130901111138340.jpg

007_20130901111136dad.jpg

008_2013090111113359a.jpg

009_20130901111238f8e.jpg

010_201309011112351ae.jpg

表より裏が酷いです。
プラスチックのクリップが鉄板を突き抜けています^^;
011_20130901111233eb2.jpg

今回の修理は、スライドドアの為スライドハンマーでは力が逃げてしまい、
ラインが思ったほど出無かった(接着剤)平らな部分は出たのだが。

半田で三枚付けて引いたら、簡単に出たよ。
ラインが細い為角が出る様に半田を狭く付けたのもポイントかな。

後はクリップ周りの穴を専用工具で修正すればOKかな。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック