以前からウォッシュプライマーの重要性を照会して来ましたが。
今回は、簡単に手軽に塗る方法を写真で説明して見ました。

各メーカーが出しているので、塗料店に相談すると良いですね。
勉強して居ない塗料店は、塗らなくても良いと言うかも知れませんが!(^^)!
PQ010_20130920105149607.jpg

マーチのクォーター全体を塗れる量です。
原液は、48gでした。硬化剤が25%正確にスポイトを使用します。
スポイトは10円位で何回も使用可能。要洗浄。
PQ014_201309201053435a0.jpg

PQ011_20130920105342af5.jpg

原液は希釈をしません。
ウエスにシンナーを含ませます。
PQ016_201309201051446ea.jpg

ウエスに原液を含ませます。
すると、ウエスのシンナーで希釈されると言う仕組みです。
薄く延ばす様に塗ります。下の部分を塗ってもまだ余って居ます。
PQ021_20130920105145727.jpg

慣れれば10分も掛からない作業で、安心出来れば(^。^)y-.。
塗った後のシーラーはゴミ箱に「ポイ」です。面倒なのは手を洗う事位です(笑)
PQ024_2013092010514779d.jpg

PQ028_201309201052120fc.jpg

PQ029_2013092010521452d.jpg

速乾の為、作業性は良いですね。
此れで、鉄板に水分が入る事が無く成りパテの密着性を良くします。
バンパー補修時の密着剤としても使用可能です。
(メーカー・塗料店の指導を受けて下さい)
PQ030_2013092010514247f.jpg

今、保険会社の指定工場は全て、ワンオーナー生涯保証を付ける事が義務付けられて着ています。
仔の様な現状で、塗装で全国を廻り指導している、

講師の方もウォッシュプライマーを塗らないで保証を付ける事など有り得ないと言っています。
「内はクレーム無いよ」そんな方も数年経過した、サイドシルや下部の部分補修の痕を確認して見て下さい。ブリスターが出て居る物も少なくないですね。

此の部分は鉄板の湿気がパテに影響し易い為発生し易いと考えられます。
再補修の場合にパテと鉄板の間に薄い錆びが発生している物を見た経験の有る方は多いと思います。

塗る、塗らないは自由ですが、仔の様な方法なら簡単ですので、提案して居ます(^。^)y-.。o○
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック