電話では、少しと言って居たのに^^;

粗出しは順調だったが、下の伸びで考えてしまった。

上の凹みは、デント糊の硬い奴でスティックを作りデントの真似事で稜線を習性した。
糊なので滑らず直角で無く、30度位に叩く事が出来る。
角度を付けて叩く事と、柔らかいので強く叩いても吸収して凹まない!(^^)!

下の凹みは、思い切り良く絞ったよ(>_<)
手が太くて巧く入らないので絞りは慎重に且つ大胆に(笑)

035_20131007175655c42.jpg

040_20131007175656939.jpg

041_201310071756587ab.jpg

042_20131007175659120.jpg

045_20131007175800266.jpg

052_20131007175801b40.jpg

酷い凹みを持つ上げて遣ると、廻りが少しは修正された様だ(@_@。
053_20131007175802764.jpg

056.jpg

ライトの影を見ると、此の位置から上はOKの様だ。
下は、もう少し均しと絞りが必用かな(@_@。目が見えないので(笑)明日また遣ろう!!!
057_201310071758066bc.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック