まだまだ実験の段階(@_@。

半田盛りを出来だけ低温でする事は、今迄の悲願で有った。
写真でも判る様に、棒半田の厚みを従来の1/3にする事で可能性が出て来た!(^^)!

もうひとつはドライヤーの熱はガスの熱と違い微調整が可能で有る事と
集中した熱で無い為に初心者でも扱いが出来るのではないか、そんな気がします。

講習でもお話して来ましたが、今の外板絞りは初心者にとって難しい。
難しい事は遣らなければEのではありませんか?

延びた部分は其のまま残しても、鉄板に張りの有る仕上げをする事が一番Eのでは^^;
延びた部分を盛り半田でカバーし、パテの厚塗りを無くし張りを出す。
時間短縮にも大きく貢献するだろう(^。^)y-.。o○

012_20131109231107300.jpg

015_20131109231016b2c.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック