逆アールの鈑金は厄介な物^^;

この様な場所はスタッドがEね。
延びた部分は電圧を上げて絞りながら引き上げる事で同時に粗出し完了。

オートスタッド【ばんばん】は引く力が一定して居る為凸凹が出難いのが特徴。
誰が遣っても、空圧を間違えなければ全体の平均的引き上げが可能である<`ヘ´>

006_201311141137333b4.jpg

011_201311141135277c6.jpg

此れも肝心な処(@_@。
今回はスライドハンマーで引いたが、ガッチャにて引いた状態での引き上げがBetterかな。

013_20131114113505a70.jpg

正常な左ドア。

012_2013111411350345c.jpg

下部の絞り切れなかった部分を再度絞りながら引く事で全体が上がって来る!!!

028_201311141134570cb.jpg

下部のラインはスタットでは無理、半田で引出した。
030_201311141135007a3.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック