記事・写真追加しました(^0_0^)

何年振りだろう^^;当て板の修正をした。
当て板は鈑金屋の命ですよね(^。^)y-.。o○
可也狂っていたが、今回綺麗に修正したから巧く行く筈です。

早々に軽トラのアオリ修正に挑戦して見た。
010T.jpg

007_20131225122527f20.jpg

014_2013122512253296e.jpg

もう少しだねヽ(^。^)ノ
009_20131225122529390.jpg

20分後は此れ。打痕が残るのは、最後の写真の下側のスプーン。
014_2013122515272387b.jpg

打痕が残った方が叩き易いですね(^0_0^)
此れ以上はデントの世界かな^^;
015_20131225152725ede.jpg

使った工具と他にライン出しの金タガネを使用。
017_201312251527203f1.jpg

12/27追加記事
此の凹みは軽とは言えサイドゲート「硬い」
003_201312270908217ae.jpg

最高の付きにセット、スタッド【ばんばん】でも引けたのは此処まで。
005_20131227090814714.jpg

コンクエストで補修(ネジも切れる程硬い)パチンコ玉1個も使わないから経済的。
絶対に剥がれる事は無い<`ヘ´>
007_201312270908163f3.jpg

長い当て板で研ぐと凸凹が出て来た^^;サフで行けますね。
最後に下のフレームを修正した時に影響を受け凸凹が出た(~_~;)
順番を間違えるなんて、まだまだ未熟ですね(汗)
008_201312270908196b5.jpg

今回は鉄板のメッキを残す意味で、スプーンを使用したが、作業性から行くとヤスリハンマーが早いですね。
下側の歪も、ヤスリの中目で仕上げれば最綺麗になる。
*大きな歪を取る時はスプーン。
*細かな歪はヤスリの荒目中目細目を使い来なく事が大事かな(^。^)y-.。o○
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック