結構な凹みです。
逆アールで伸びは無い様だが、嫌な損傷(~_~;)
出し過ぎると大変な事に成る。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=PioAIqzqBZI


動画 仔の様な作業が普通なんてすね。
https://www.youtube.com/watch?v=c9GfkUluZq4&feature=player_detailpage


010_20140329154131321.jpg

011_201403291541334ca.jpg

012_20140329154134e1e.jpg

粗出しは、何時もの接着剤。
013_20140329154136a38.jpg

結構改善されている。
凹んだ状態でスタッドを使うと力が必用なので延びが発生する。
先ずは接着剤で骨抜きにする(^0_0^)此れで小さい力でも出て来る。アンマ見たいな物かな(笑)
014_201403291542474e5.jpg

スタッドを弱い力で数を打つ事で平らになる。簡単な理屈だね。
082_2014032915425237c.jpg

083_201403300742182f1.jpg


240番で頭をカット(#^.^#)予め引き過ぎの所は簡単絞り機で突起を落として置く必要が有ります。
試して見て下さい、貴方のスタッドは240番でカット出来ますか。
其の位、小さな引きなんですよ(^_-)-☆
081_20140329154248d96.jpg

中央に傷が見えますが、此れを引くと絞りが必要に成る為。ヤメタ!!!
092_2014032915425008a.jpg

完成。今回はヤスリ掛け抜きでの鈑金でした。
087.jpg

逆アールは、正確な引出が要求されますね。
下手に凹みを残すと上下のパネルに影響が残ります。
又、引き過ぎは絞りを伴う為まとまりが付かなくなりますから、
要注意(^。^)y-.。o○です。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック