以前試作した当板が良かったので、材料を替え再挑戦中

前回は製作し易い様に軟鋼で試作しましたが、今回は本格的に45Cの炭素鋼を使用して製作に挑戦しました。
此の材料は、生のまま供給される為、切削には軟鋼よりやや硬めって感じですね。
但し、焼き入れが必要に成る為、方法を今から勉強です(~_~;)゛。

軟鋼で作った当板は、跳ね返りが少なく使い勝手は、まあまあです。
試した回数が少ない為、其の結果が良いのか悪いのか未だ不明(^^ゞ

今回の物が仕上がった時点で、三種を比べて見て結果が出ると思います。

材料は4mの磨き板で供給されました為、カットが必要に成りました。
価格は未だ不明です。
005 (2)

色々な形を試す為に、色々な長さにカットしました。
007 (2)

此のサンダーでも、切削だけでも大変ですが、平面を出しながらの作業は難しいですね。
一ケ所でも削り過ぎると、全面を修正しなければなりません(>_<)辛い仕事です。
009 (2)

池ノ上さんの御意見を重視して、今回はアールを極力少なくしてみました。
手の平で見る範囲では有りませんから、最終仕上げは、ヤスリ仕上げの手作業に成ってしまいます。
011_201406251703096b3.jpg

アー心土^_^;でも楽しい(笑)
此の時間鹿嶋は、雷が鳴りだしました。雷雨に成りそうです!!!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック