昨年のプログにも載せたれど。。。
調色済み塗料の保存をみんなは如何してるの?
塗料屋さんの保存容器だと精々3ケ月で希釈度が変わっちゃって使えなかった
爺はペットボトルを使っているよ、長期保存か出来て便利だぜ。
何時もは、自分の所で飲んだボトルを使っていたが、形がマチマチで整理整頓に向かないんだな。
そこで、ペットボトルの新品探したら中々無いんだよこれが。
odb-get.jpg
これは、塗料屋さんの持ってくる300ml容器だよ。
シンナーが容器から抜けてしまう代物だから使えない。

通販価格は188円税別送料630円
ヤット見つけたら、300ml1梱包240個キャップ別売りだって。。。
使えない容器が188円で、コイツは120円で優れものだから高くは無いかな。
サンプル取ったけどマァマァシッカリしているって感じ。
サンプル2本で送料が高く1200円も取られたよ。

RS-300.jpg
何でこんな事を考えたかと言うと、某板金屋さんにペットボトル保存を勧めた事からなんだ。其処の会社は一月塗料関係に130万前後掛かっていたのが、100万を切ったと話してくれたからだ。それは、ボトル保存だけでなく色々な面で考え直した結果だが、【支払い以外に時間短縮利益アップに大いに貢献している】と話してくれたから、これ程旨い話は無いのではと、再度記事にした訳。。。。。ワカル

爺だけで240個は要らないから誰か付き合ってくれないか。。。
何卒ご協力を宜しくお願い申し上げます。。。。。

この際だからやり方全部教えちゃう。

*調色塗り板はTECHNOチェックシートを使う(巧く使うと2?3回使えるよ?)
*当然硬化剤の入った塗料は保存できないよね。
*ベースコートで1液の物を塗れる状態に希釈する。
*調色が終わったら必要量だけガンに移して使うね。
*TECHNOチェックシートにミッチャクロンを塗る。
*塗り終わったら余った塗料をチップに塗る。
*仕上げクリヤーも余った分でチェックシートに塗り仕上げる。
*この塗り板に番号を付ける。同じく容器にも付ける。
*希釈度は保存の状態にもよるが、6?12ヶ月変わらない。
*同色の車が入った来たら、先のチェックシートで色を確認。
*OKなら即塗りに入れます。
*調色に時間を掛けても後々元は取れるから、シッカリ調色してね。
*今まで貴方は時間のロスと材料費のロスに気が付きませんでしたか
*此れからは、貴方も社長も笑いが止まりません、仕事楽しくだよね。。。

無駄な時間を作らない。バンパーの角など5,000円コースも可能。。。
一度お試し有れ、、、必ず儲かります。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック