長野地方では融雪剤での錆が酷く切継ぎの作業が多いと聞きました。

講習の合間に質問が有りました。
「簡単な切継ぎ方法は無いのですか」の質問にお答えします。
FRP貼付けから鉄板を加工しての切継ぎ迄、仕上げの方法は色々有ると思います。

此処で紹介するのは、鉄板加工です。
加工は時間の掛かる物ですが、此の工具を使う事で短時間で加工する事が出来ます。
鉄板の伸ばし絞りが簡単に出来、タイヤハウスの耳も簡単に作る事が出来ます。
鉄板を伸ばしたり縮めたり大変便利です-001
鉄板を伸ばしたり縮めたり大変便利
大分前に紹介したブログの記事が有りますのでご覧ください。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-1250.html

追加記事。
重複して居たら御免なさい。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-992.html
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-934.html
流石に此処は半田では出来ませんでした。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-522.html
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-482.html
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-79.html
注意・切継ぎに使用する半田は強度の有る物を使用して下さい。

長さ100㎜幅6㎜の板に半田で付け、8kgのスライドハンマーで若者三人が交互に衝撃を与えても剥がれない、其の強度を利用して切継ぎをしています。

クォーターの接合は左右の端をミグ溶接する事で強度は上がります。接合に段差が出来ても簡単に遣り直す事が出来るのも利点(^0_0^)
錆の補修も裏焼けしない事から、再度の錆発生を抑えられる思っています。

半田の強度は、接合部分の処理を完璧にした場合。
32MPa=32kg/㎝2 1㎝2の強度が32kg有ると言う事です。
付ける際の不純物の混入や条件により此の強度が其のまま出るかは疑問です?
クォーターの継ぐ部分は、インナーパネルやホースメント等で強度が保たれる為、此の作業で破断する事は無いと思って居ます。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック