溶接で大事なのは、矢張り溶接機なの?
安い溶接機でも、セッティング次第ではいいんでねーの。
今回は、チョットワイヤー送りが多かったかな、盛れてしまった。
でもでも、中まで確実に溶け込んでいるよ(*^。^*)
ウサギの糞みたいな溶接は.............。削ってポンチ入りたら貫通するよ(笑)

後は合わせと仮付けを確りする事だね(*^▽^*)/

実はティグで遣りたかったけど、巧く行かなかった(;^ω^)\\練習しないと💦
ステンレスは巧く付くんだが、此れ(ミラ)の厚み0.6かな、可也薄いので難しい(;´・ω・)\

IMG_7163.jpg

裏板いれないで遣って居るんですが、隙間を作って板を入れると暴れが少ない鴨。
但し、錆に対しての養生をしないと、裏板と表板の間に水分が溜まり錆を呼びます。
爺の処は、海まで500m位なので、裏板は入れない様にしています。
IMG_7164.jpg

高い溶接機だともっと綺麗に出来るのかな(笑)
IMG_7170.jpg

削りも、大切ですよ(*´▽`*)//
ポイントを確実に削る事で、溶接の前後が薄く成らない様に注意。
IMG_7172.jpg

溶接不良部分は、再度補修しよう。
IMG_7175.jpg

サフを入れると不良部分は直ぐに判る。
IMG_7177.jpg

今回は、サフを先に入れ、後パテで仕上げて見る。
IMG_7179.jpg

此処まででは、最高の溶接機を買うと誰でも巧く行くのかな(笑) 
勉強々々.................溶接機の調整が必要な安物で仕上げて見ました(*‘ω‘ *)//爺。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック