今日は11時に家を出ないといけないので、急いで鈑金して見た。

今回試したのは、半田と炙り鈑金の併用だ。
❶の損傷状態は、確実に伸びが有ると見たが、全てが伸びでは無いと考えた。
❷裏側の状態は、インナーが外れている、と言うより殆ど中に入って居ないシーラーで持っているような状態。溶接では、暴れるので半田で補強。
❸からの三枚は、透かし・斜め・正面から見て、歪はパテの範囲まで改善された。
だが、ペコペコ虫が遣って来た(笑) エッジの部分の凹み8㎜×15㎜×3㎜をはんだで埋めただけで、大分軽減された。
でも、未だペコちゃんの娘が存在している、。此れは、後方に引てからの対応にする(初めから後方に引いて置けば問題無いのに(/ω\)) 
此処までで、風呂浴びて出かける準備を致しまーす( ..)φメモメモ


IMG_7697.jpg

IMG_7699.jpg


IMG_7710.jpg

IMG_7711.jpg


IMG_7731.jpg

IMG_7732.jpg

未だ、沈々の辺りまで、小さな膨らみが感じられるね(;^ω^)\後ろに引くしかないよ。
IMG_7733.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック