昨日は、技術講習会in土浦が開催。皆さん、お疲れ様でした。

今回のメイン「接着鈑金」は如何でしたか。
今迄の点・線から面で出す待望の工法を御披露しました。

一生懸命で写真撮り忘れましたが、サイドシルの凹み長さ20㎝幅7㎝深さ3㎝を二回の引きで修正出来た事は、大きな収穫と感じて頂けましたでしょうか。
あの凹みをスタットで出すと時間はどの位の時間を要するでしょう。

接着では、溶かす・付ける・冷す・引く一連の作業は5分で可能と思って居ます。
そうすると二回ですから10分で引きは終わった事に成りますね(;^ω^)\
その後の均しを入れても20分以内でパテ付けに入る事が出来る事に成ります。

面は如何でしたか、スタッドの月の表面の様な肌で無く、ツルンとした肌に仕上りましたよね\(*^▽^*)/:
結果、パテ付けが容易であり此処でも時間短縮が確り出来ています。

総合的に考えて見ても、従来の方法との時間の差と仕上りは、まったく別の物でしょ。。。。

現場に帰って、試して見て下さい。少しでも皆さんの為に成れば幸いです。
有難う御座いました。

「悩んだら」直ぐに連絡下さい。間を置くと直ぐに忘れますよ(笑)
mail  bs1@sopia.or.jp
FAX 0299-69-3377 ℡ 0299-69-3377

参加されたか方々に感謝、お互いに頑張りましょうね 
IMG_8519.jpg

皆さん、見るより遣る事が大事ですよ(´・ω・`)//
IMG_8515.jpg

Ripex太田 太田 祐一社長にもデントを披露頂き有難う御座います。
IMG_8516.jpg

トラストデント押味 謙治社長もお出で頂き有難う御座います。
次回会えるのを楽しみにしています(*^▽^*)/
IMG_8513.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック