新年あけましておめでとうございます。

12109100_974724832592821_1410258650845783570_n[2]

1926年【夢考房企画・飛んでる爺さん】の目指す処。

半田引出鈑金+接着引出鈑金+スタッド引出鈑金をシステム化する事で、鈑金範囲を広げ且つ時間短縮する事を目指します。

時、今が鈑金の技を持つ者の力が発揮できる格好の時期。
悪の保険料率改定に伴う鈑金の重要性が問われています。

鈑金=パテの概念を捨て挑戦する事が時期相応と考えます。
パテ前の写真添付、長期保証の実現等を踏まえ、挑戦するに値する時期に来ているのではないのか。

其れが、鈑金システムです。キズを大きくしない、二次損傷を作らない、修正時間の短縮、指数に問わられない鈑金料金体制を前面に出した請求を目指します ((((oノ´3`)ノ
今年の新工法は「炙りで均し」「絞りの極意」を、皆様の御助けを得ながら確立を目指します。

重要な課題は、未だ未だ有ります。
下地の時間短縮です!!! クレームゼロの下地作り、此の部分の強化をも図らなければ成りません。

年明けには、会員の有志の協力を仰ぎ、賢明な方法を作り上げる事を目指します。

現在、塗料メーカー、資材業者の説明を信じ購入している資材も現場の声で見直し、選り良い物を利用する選択も重要と考えます。

此れまで以上に、会員の皆様の御協力を宜しくお願い致します。
ではでは、今年一年も、素晴らしい仲間達と鈑金の革命を起こす為に頑張ろ~~~..........(*´▽`*)//
\\(*‘ω‘ *)((((oノ´3`)ノ(^^)/(*^-^*)(*^^)(●´ω`●)(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾(/ω\)(^0_0^)(;´・ω・)(#^.^#)(。◕ˇдˇ◕。)/
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック