IHの炙りと接着鈑金のりのり君のコラボレーション

ライン出しを小さな力で正確に出すにはこの方法が一番です。



炙り出しを併用する事で延びた鋼板を軽く絞りながら修正する事が可能です。



透かして見ると小さな凸凹が見られますが、もっと平らにするにはスタットが必要ですかね。
今回は、紙やすりで高低差を確認し、パテ仕上げに行こうと思います。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック