クォーターの修理に移る
DSC01664.jpg DSC01651.jpg
今回のポイントは伸びた部分の処理
まず計画を立てる。
アーチのラインを45度で引いて凹んだ部分を修正・・・
一箇所伸びた部分がある。
DSC01650.jpg DSC01653.jpg DSC01652.jpg

アーチライン上の凹みは塑性変形の為、引いてやらないと出ない
伸びた部分は、はんだ盛りでカバー

<はんだこてでの盛りはんだは難しいね。平均に温度が掛けられないよ>
<此処を全快で引くと範囲が大きくなってしまうからね>
DSC01654.jpg DSC01661.jpg

端の方が足りなく凹んでいる。巣穴もありマズイ。マタ々オォチャク者
ヤッパリ盛りはんだはバーナーを使わないと駄目かね。
<昔、バンパー修理に使ったこて先の平らで大きい奴。まだ持ってる人が居たら試してかも>
DSC01663.jpg DSC01666.jpg
30分強の作業にしては出来過ぎかな

最終的に修理代を幾らまで抑えられるか楽しみじゃ。。。。。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック