現在車両保険(一般)に加入しておりますが、
気がつくといつの間にか、フェンダー部に地肌が見えるくらいのキズがついてました。
大きな傷ではありませんが1cmくらいです。
ディーラーにて見積もりを依頼したところ、板金1万くらい、塗装(ホワイトパール)5万くらい、ペイントシーラント1万くらいとのことでした。
いたずらなのか何かが倒れてついた傷なのかわかりませんが、この場合等級据え置き扱いで修理できるのでしょうか?

回答?
もと自動車ディーラーで5年間サービスフロントをしてました。もう修理済みかも知れませんが、今後の為に。
まず等級据え置き事故の定義ですが、約款に記載されています。とは言ったもののイメージしにくいと思いますので、私の経験則ですが申し上げます。

落書きの定義:
板金修理(へこみ修理)が伴わない塗装のみで修理可能の傷。(塗装作業を行うのに必要な付随部品の脱着や再使用不可能部品の交換は修理費用と認められます。ただ、走行中に木の枝と擦れたような傷に関しては保険会社に確認を。
ペイントシーラントも保証書等の施工されている証拠があれば保険修理と認められます。
ちなみに顔が書いてあったら落書きではありません。線傷(引っかき傷等)でも凹みがなかったら落書きです。
【しかし最近保険会社によっては軽微の凹みは落書き の定義の範疇とする会社もありますので確認を】

あと据え置き事故となるもののとして参考までに、

・飛び石によるフロントガラスのヒビ等修理不能の傷 (高速道路走行中によくあります トラックの後ろにはあまり近づかないように)

・車両の盗難
 1ヶ月以上車が見つからなければ契約保険金額と臨時費用が支払われます。 

・地震以外の天災の車両被害
 台風による水没等(数年前に大被害がありましたよね) 
 看板等の飛来等の被害

今回は一般の車両保険ご加入ですので関係ありませんが、エコノミータイプの車両保険(車対車+A)でも同様に上記被害は据え置き事故として保険使用可能です『+A』の部分が上記担保対象であることを示してます。

ただご加入の車両保険に免責が付帯してましたら、
その金額は自己負担となります。(一回目5万円、2回目以降10万円 とかが証券に記載されてます)この免責の場合、修理協定金額(修理工場と保険会社で決定)が15万円だと保険会社は10万円支払います。残り5万円は貴方が修理工場に支払います。

以上長々とでしたが、今回のケースでは傷が1センチくらいとのコトですので、タッチアップで済ましてしまうのもアドバイスとしてさせて頂きます。仮に免責が5万円あれば<等級据え置き>と認められても保険金額は2万円くらいです。保険を使用しなければ次年度に等級が上がり、割引されます。(等級の割引率も考慮の上総合判断して下さい)
もちろん『我慢できないぃ!』場合は保険会社の査定を受けて下さいね。実費修理するにはもったいないような気が・・・修理工場は喜びますけどね。

回答?
そのキズが「落書き」という判断を査定がすれば
すえおき事故です。

人の顔の絵等が書かれたてたら「すえおき」で
直線キズなら落書きでないと判断し「等級ダウン」
となるのが一般的のようです。

不正をしたらアウトです。

回答?
専門家にて判定してもらわないとここでははっきり申し上げられませんね。
ただディーラーでの見積もりですと高くなります。
自己負担の場合は板金やに、ダイレクトに行かれた方が安くつくと思います。 ディーラーはどうせ板金屋に修理だしますからね。
車両使った場合2回目から免責がつく可能性がありますのでご注意を・・・・!
満期日の関係 等級進行の関係など勘案して判断を・・・!? 微妙な修理金額ですね?
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック