左クォーター修理
このパネル結構難しい、上下に凸凹が簡単に移動してしまう代物。。。
DSC02162.jpg DSC02166.jpg
丁度ブラケットの所で、変な凹凸に変形をしている。
下手くそな絞りはレットカード、ガラスを外さないと経験者でもイエローかな?
最初は鈑金の基本・・・ラインを出す事から始めよう。
DSC02163.jpg DSC02164.jpg DSC02165.jpg
ラインが上がっていたり、下がっていると真ん中は平らにならないよね。
凹を出して平らになってきたら、膨らんで鉄板が余ってしまった。
此処で<絞り>を考えると大変一日叩いても治らないから気をつけて。。。
初めの写真の様に上下に引いてみな。<引き過ぎると凹んでしまうよ>
DSC02183.jpg DSC02184.jpg DSC02185.jpg DSC02186.jpg
パテ付けの準備が出来たら最後の写真<自作のパテスケール>で鈑金パテをシゴイテ付ける。
此処で凸が無いか確認する事を忘れないでね。<ポリパテの段階で凸を絞ったり叩いたりすると、お祭りが始まるから、必ず此処で凹凸の処理をする事・・・それが匠になる条件のひとつ

最初の写真とキズの大きさが、パテの面積と比較して小さく仕上がっていると思わない???伸びが無ければもっと小さく成るのだが仕方ないね。。。

爺は、鈑金パテ大好き/硬化は早いし/密着は良いし/再度の衝撃にも剥がれないし/作業が早くなる/厚塗り用なんて表示をしている物が有るが、薄く付けても良いんだよ。必ずスケールを使う事此処が大事。。。ポリパテ大盛りしてませんか?

追申・・・パテスケールは市販の物は腰砕けで使えない、ステンレスのスケールの方が良いかも。試して見てください。<後で試してみる>では匠には成れない。直ちに実行有るのみ・・・頑張れ見習いさん爺は応援します。爺
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック