見た目の損傷は軽度だが、薄いラインとドアが中に入っている。
DSC02394.jpg DSC02399.jpg DSC02390.jpg
DSC02433.jpg

細いラインなので、半田も細く付ける事が大事だ。
DSC02369.jpg DSC02391.jpg DSC02421.jpg
ドアのエッジが5?以上、当然クォーターもハウスと共に10?程度入っていた。
スライドドアの為、クォーターの内部を塗りたくない。
<スライドドアの脱着が必要な為>
DSC02413.jpg DSC02423.jpg DSC02425.jpg
ドアの上のライン。
上部の部分にパテを付けない様、引出した。

此処までも時間60分、考える時間が長かったかな、、、、、
ヤスリ鈑金の方が早いが、スライドドアの為脱着が必要となる。
クォーターも含めライン出しには時間が掛かると思われる。<パテ作業で>

もう少し派手に損傷していた方がやり易いかな?

サンディングして見て納得が行かない。。。
40分掛けて再チャレンジ、、、、、
通常は半田ヤスリで凸凹を確認するが、今回はノコ刃でチャレンジ
DSC02432.jpg DSC02433.jpg
久し振りにスタッドを使ったね、、、
凸凹全部と取るには15分は掛かるだろうが、其処まで追求しても意味が無い。
今のままでもサフで行ける範囲だよ、、、、、
ウォッシュプライマー塗ってパテ付けま?す。<文句有るか>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/20(Mon) 22:25 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック