今年最初の実験は、ペットボトルに取り置きした塗料を撹拌する方法は無いかの実験。
パール・メタリックなど、取り置きした塗料はボトルの底に沈殿してしまい、奇麗に撹拌するのが難しかった。
今回は、奇麗に撹拌するには何が良いか考えて見た。
メーカーが良く遣っているのは、ピー球を数個入れる方法だがイマイチ面白くない。
そこで考えたのは、高周波洗浄機てのが有るんだけれど知ってるかい。
メガネなどを洗うのに使ってやつだよ。
丁度爺の所に、プロ用インクジェットのノズルを洗浄するやつが有ったから試してみた。
DSC02534.jpg
写真は、終了後のものだが、15分位掛かるが下に溜まったパールはフャフャになり、軽く振ってやると奇麗に馴染んだ。
手で振るのは、結構大変だが此れなら楽チンだよ。
調色後の撹拌も此れでやれば、塗料の粒々も無くなるのでは?
コメント
サンダーで塗料攪拌
ふと思いついたんですが...。
ダブルアクションサンダーやストレートサンダー、これを裏返してマジックテープを貼ったゴム板を取り付け、これに塗料の入ったペットボトルを押し付けてみたら?
ダブルアクションサンダー利用の場合は回転してしまわない様な工夫が必要ですが、これならばどこの工場にある最も手軽な塗料攪拌の為の振動源になるのでは?
今はどちらも持っていないのでテストできませんが、これ結構いけるかも。
2011/01/06(Thu) 22:02 | URL | Sprex | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック