運転席のフロワーが湿気ているとお客さんが来た。
ガラスからの雨漏りと外してビックリ!
錆を通り越して腐っていた。
四年ほど前にディーラーで雨漏り修理をしている車両。

良く見てみると、糊の真中から錆が始まっている様だ。
糊を剥していくうちに、ルーフ部・右サイド部のミミが酷い。

予測だが、モールをカッターで切り離す際の傷からの様だ。
此の車は、モールをガラスにはめてから取り付けるタイプで、ガラスを剥した後の糊が不均等に付いていた。
ルーフ部は一部だが水が溜まる状態に成っていたと考えられる。

自社での外注仕事だったら、4年前とは言え無料で補修するしかないと考える。
取付時には要注意である。

DSC03036.jpg
上と下に糊が有るのに真中が錆びている。(右側)
この状態が、全てに出ていた。
DSC03037.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック