フル ページ FAX プリント
半田ヤスリファイル300mmが入庫しました。
荒目が欠品中で後日入庫予定です。
IMG_0368.jpg
上の二つは爺の使っているもので350㎜ですが、300mmで充分だと思います。
ヤスリ自体も安価です。
爺は、ヤスリの入替えが面倒なので細目と荒目を別々にセットしています。
<ネジ二本で交換出来る>
画像001 071
一晩安い付かないスポットを注文。
ゼロ点(全く付かない)が無く、元線を延長してゼロ点をつくった。
普通コードは二本だか、アースを入れて三本出ている。
電流摘まみも低い位置にある。
(延長コードで電圧を下げているから可也付かない状態だ)
画像001 088

作業性が良い様にガンを一個増やした。
此れでアタッチメントの差替え無しで作業できる。
チョットした投資でも10年以上使うと、短縮時間大きい。
イライラしながら先っぽ取替えや、六角レンチ探しが無いだけ楽しく時短ができる。

先っちょのチップをワンタッチで交換出来る様にしたいね。
チップの先の研磨時間も短縮したいから、何本か用意して置きワンタッチ交換出来ると良い仕事ができるよ。
チップの先が悪いと付が変わってしまい巧くいかないからね。要注意。
画像001 087

ブログの為に簡単な修正をしてみた。
画像001 073

スポット痕が大きく見えるのは、写真をアップしているかな?0.5㎜以下?
引くと勝手に切れる位の強さかな。
画像001 074

自分の感覚で引くと言うより、電流設定で機械に仕事をさせるて事かな。
画像001 075

三点引いて完了になりそうです。
画像001 076

写真の枚数で作業完了。
準備収納を除けば10分位の作業でしょうかね。
此処で一番活躍したのが半田ヤスリです、、、ヤスリ鈑金及びスタッド鈑金の必需品ですよ。
画像001 079
コメント
毎度ご意見ありがとうございます。
此れからも、経験・アイデア等お願いします。
2011/04/30(Sat) 09:17 | URL |  | 【編集
スタッド板金と半田ヤスリ
スタッド板金では非常に硬い金属滓が鉄板の表面に付着している事が有ります。これに気付かずにいきなりハンダヤスリを掛けるとヤスリが刃こぼれを起こすので、古いヤスリを荒削り用、新品をと仕上げ用と、2本のヤスリファイルにそれぞれセットして使い分けていました。
2011/04/30(Sat) 08:24 | URL | Sprex | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック