伸ばさない鈑金工法実験開始

如何しても伸びてしまう鉄板、高張力鋼板は伸びに強いが一旦伸ばすと手におえない処が有るよね。
如何に伸ばさないで平らにするか、それが問題だ。作業量を減らせば当然伸びは少なくなる、叩き過ぎ引き過ぎはご法度。

そしたらどうすればいいのか?、明日から実験開始です。

今迄の経験を駆使して伸ばさない鈑金法を検証してみます、巧くいけば時間短縮にも大きく近づくはずですが、、、。

でも最初から伸びている物はどうするの、此れは今迄半田をして来て皆に言ってきた事は伸びた部分は其のままで張りを出す事に集中する。

一番鈑金を短縮できる方法だと思っているが、その部分ももう一度検証して見ようではないか。ドウナルかな変わるかも知れないね。

軽く考えて出来なくて元々だよね、気楽に行こうではないか。
こんな物頭を使わず体を使うもんだから、、、体力と気力で勝負だね。

何時も思うのは時間短縮、巧い酒を飲む為に。
そろそろ晩酌の時間ですので失礼します。爺

追伸・2/8 自動ポンチ    山本自動車
コメント
2年程前かな
親方と兄テ弟子と飲んだ時に
1ある鉄板当たって3~5に伸びたなら
その廻りを同じように3~5にすればペコペコ言わずお灸もしなくても
張りが保っているなんて言いやがったから
ならやってみろよ!って
やらしたら酸素でお灸しやがったな・・・。
いつの時代の鉄板の話してんだぁ?って文句言って帰ってきた覚えある。
爺さんが若爺になったら
オイラクソガキですな・・・(笑)
2012/02/08(Wed) 18:44 | URL | ブーブー改めクソガキ | 【編集
若爺
アドバイスありがとうございます。
自動ポンチですか、京都の山本自動車さんが勧めていますね。

血圧ですが、まだ高です170/110かな、寒い時は静かにしていた方がいいかもね。
色々と試して見たいので皆さんからもアドバイス下さい、宜しくお願いします。

石川に孫爺がいるので、今回から爺改め若爺にします。
2012/02/08(Wed) 07:46 | URL | 夢工房企画 | 【編集
伸ばさないで平らにする板金工法
結果を楽しみに待っています。
連日寒い日が続いています、実験も結構ですが血圧にもご注意を!
高張力鋼板なら良いのですが、爺の心電図が平らになったら大変ですので...。
2012/02/07(Tue) 22:18 | URL | Sprex | 【編集
すでにご存じと思いますが一般的な鋼板での張りは面を作ることで得られますが、高張力鋼板の鈑金は張りを持たせてから面を作る作業になります。きちんと鈑金をすると鋼板は延びてしまいますが、延びた鋼板に張りを持たせるにはスプリング力を弱めたセンターポンチで行うと簡単です。センターポンチによる凹みが絞りと同じ効果を出すようです。あまり延びたものはできませんが、限界をお試しください。
2012/02/07(Tue) 19:24 | URL | アウダ爺 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック