ひどい凹みには有効。
DSC00603.jpg
熱のかけ過ぎには要注意。絞りにならない程度の温度で修正する。
再塗装のドアの為、焦げがひどいが新車塗膜では此処まで焦げないだろう。
此れはハンドトーチで炙ったもの、下部の所は塗料が剥がれている為強く炙った様に見えるだけです。

ハンマーでの均しはレッドカード、熱で柔らかくなっている為鈑金スプーンを使う事をお勧めします。
ヤスリハンマーもbetterでは無い様だ、やはりスプーンが一番いい結果が出ているよ。

成れない方はハンド型の短波を使う事も有効、真ん中の無傷部分には温度を掛けないのがコツだ。
此れでラインの面倒なパテは必要なくなる。「時短を目指す」何時も考えて作業しょうね。
関連記事
DSC00613.jpg DSC00614.jpg
何時ものヤスリ&スプーン+スタッドでの修正。
此れには半田ヤスリが必要ですよ。(お譲りしますお問い合わせください)
関連記事
DSC01018.jpg DSC01041.jpg
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック