今の軽は薄いですね、吃驚する程薄い、0.6㎜? トタン板見たいです。
スタッドで引くにも神経使うね、チョット間違ったらベロベロです。
PQ042.jpg
042.jpg

046.jpg
まずは、しわ取りから始めよう。
045.jpg
見事に修正出来ました。
048.jpg
後はスタット【ばんばん】のお出ましです。
047.jpg
スタット痕が光の加減で膨らんで見えるが、ビ々。
次の写真で見てね、同じ写真だけど膨らみは感じられないだろう。
005_20120420090616.jpg
裏焼けしないスポットを使用しているが、電流の加減で鉄板をむしり取ってきちゃう(穴みたいなヤツ)
006_20120420090616.jpg
最後の部分は軽く絞りを入れた、筋で凹んだ痕がかすかに見えるだろ。此れは想定内。
007_20120420090627.jpg
【ばんばん】の性能分かりましたか。
電流と空気圧を調整する事で勝手に此処まで仕上げてくれるよ。
此れも【夢物語】でしわを伸ばしたから出来た仕事ですけど。
しわを伸ばさないでスタッド又はヤスリハンマーで修正したら飛んでも無い事になる。
相当な絞りを要求される。要求に応じると面積は倍以上になると断言できる。
鋼板が厚い場合だと、鋼板を引き出した時にしわが修正される可能性も有るが、此の薄さでは全く考えられない、ペコペコに成っちまうよ。要注意。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック