PPバンパーを溶かして修正した場合に、簡単に外れてしまった経験が有ると思います。
何故強度が出ないのでしょうか。
PQ016.jpg
PPには酸化防止剤等の添加がして有るそうです。
そうでないと空気の酸素で酸化されてすぐにぼろぼろになります。
過度に熱を加えた場合強度が無くなり、ぼろぼろになる現象が起きますが、酸化防止剤等が影響しているのでしょうか。
PPを燃やすと液体状の物が流れ出します。
成分的な事は分かりませんが、此の液体にヒントが有る様な気がします。
爺の肌と同じで油が抜ければボロボロになるよね。

皆さんの行っている良い修理方法が有れば教えて頂けますか。
宜しくお願いします。爺
此れは、爺のやり方ですが、日光の手前で今市なのですよ。
強度の出る良い方法は有りませんか、、、。
030.jpg 

2月から【夢物語】セットに付けた変圧器を使用して温度管理をした。爺の半田こてには80Vがいい様だ。
【夢物語】の半田こては使用しないでね、こて先が駄目になります。厳守。
031.jpg

005_20120426120545.jpg

先の平らな物を使う。
006_20120426120544.jpg

017_20120426110803.jpg

020_20120426110802.jpg
021.jpg

022_20120426110800.jpg

<半田ヤスリで整形する。
002_20120426115205.jpg

a href="http://blog-imgs-54.fc2.com/b/s/1/bs100/023_20120426110759.jpg" target="_blank">023_20120426110759.jpg

024.jpg

他のバンパーから材料調達、補強の為重ねて再度溶け込ます。
027.jpg

001_20120426115205.jpg

コメント
質問しますが、それわ保険の作業ですか?
2012/04/29(Sun) 02:00 | URL | フジ自動車 (仁平) | 【編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/29(Sun) 01:32 |  |  | 【編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/28(Sat) 02:41 |  |  | 【編集
私は爺さんのやり方に似ていますが、網戸みたいなものを中に溶かし入れてから再びPPを溶かし盛っていくやり方です。
熱加工修理の場合はです。
ですが、熱を加えての修理は弱くなるので最近は針金で作ったチップを専用機械でバンパーの中に入れて(裏側から)切れていた部分をVカットし、その後はグラスプのプライマーを塗り乾燥させてグラスファイバーの布とグラスプで裏側に貼付け、表に出てきたのをラップのちょっと固いタイプので抑えて硬化させる修理方法です。
グラスプの代わりに3Mのエポキシ接着剤でもOKです。
個人的意見と言いますか、以前実験した中ではやっぱりPPの中に網戸みたいなのや針金のチップ等を入れた方が強度的にはGoodでした。
2012/04/26(Thu) 18:27 | URL | ブーブー改めクソガキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック