昨日小林さんが工場を訪ねて来ました。
ブラジルに戻ってもう一度鈑金工具開発と販売をするそうです。
そんな小林さんのブログで以前の商品を紹介して居た画像をお借りしました。

素粒子発見で世界の科学者達が感動しているニュースが流れていますが、調色も粒子の選別から試して見て下さい。其処には感動が有ります。

普通のルーペでも(大きい物)容易に使う事が出来ます。
爺は、三コートパールの出初めに外注元からクラウンフェンダー交換で、ブロック塗を要求された事が有りました。その時に如何しても方向性が合わず、初めてルーペを使用し塗った状態の粒子の確認をして見ました。
その結果は凄い物で三原色のパールの粒子がハッキリ見え、あきらかに塗った方はブルーの粒子が多くなっている事が判ったのです。二種類のパールを使用していましたのでブルーの多い方のパールを控えめにして調色、塗回数と合わせて調整した結果ブロックでも違和感のないまでに合わせる事が出来たのです。
自分としては、日光の手前(今市)でしたが、外注元と依頼主の前で確認をしてもらい、一発でOKが出ました。グリコです。三日間掛けた塗装でしたが、対物保険で8.5H頂きました。当時としては破格値と今でも思っています。
今ではこの様にルーペを使った調色をしている方も多いとは思いますが、是非試して見て下さい。【粒子から調色せよ】ですかね。
201.jpeg
sprex・小林さんのブログからお借りしました。
追申・粒子によっては、ろ紙紙を4、5枚重ねると排除出来る粒子も有りますよ。挑戦です。爺
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック