最先端の接合方法として提案する。

夢工房企画2012-380

盆前にEKワゴンのクォーターを取れ変えた際大変苦労した。
板が可也薄くなっている、0.6㎜と言われているが本当に薄い。
ダイハツミラのドア鈑金時も同様だった。

EKワゴンの場合は、切継ぎ部分が狭かったのでミグ溶接を行ったのが失敗。
...ミグの場合は裏に当て板を入れるのが正解の様だ。

此れからは半田での切継ぎを積極的に採用して行きたいと感じたので強度的な実験をもう一度行い確認したいと考える。

フェースブック・夢工房企画・グループ「金の玉手箱」より抜粋。
半田引出鈑金システム【夢物語】を採用されている方、グループに参加しませんか。技術向上の為のデーターを流し続けてます。爺
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック