此処まで出るとは:;(∩´﹏`∩);:驚きです。

動画 https://youtu.be/YZw4Fb3JSNU?t=74

一度修理して居て、塗面から剥がれる為に剥離しての作業と成りました。
一番ケツの部分を引く事三回、出たーーー!!!
五年の苦労が、報われました...........勝利です...\(。▰´▵`▰。)/

IMG_1031.jpg
IMG_1034.jpg
IMG_1036.jpg
IMG_1038.jpg
IMG_1040.jpg
IMG_1058.jpg
IMG_1062.jpg

パテスケールを使用する事で、凸が確認出来るからお勧めですね。
此のパテは、殆ど研がないでポリパテに移れるように、盛る付け方はタブーです。
鈑金の時点で、R部分のラインは出ているので盛る必要は無いです( ˘ω˘)スヤァ

IMG_1067.jpg
CIMG6286.jpg
CIMG6287.jpg
CIMG6288.jpg
CIMG6294.jpg
接着引出鈑金って、楽しいね((((oノ´3`)ノ

炙り出しを兼用して、作業して見た。
中々「いい」ですね(*^▽^*)//
見ても通りです_("_´ω`)_ワイワイ!!!

IMG_1261.jpg

IMG_1262.jpg

.ルーフの端のラインが入って居る為、ラインの上の部分が余ってしまう\(;^ω^)\
IMG_1266.jpg

如何にか修正出来たが、均しは何でしよう( ˘ω˘)ナヤム!!!
IMG_1267.jpg
クォーターと同じく、炙りと接着引出のみで作業してみる。
最後の写真でパテの厚みが確認出来るが、狭い処での凹み出しを炙りでするのは難が有る様だ(*ノωノ)

此の段階で1㎜位のパテの厚みに成ったね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
二度目のパテを充てる時に、鉄板の出ている処を叩くか絞りを入れるかすればもう少し薄く成るんな(。´・ω・)?

今回は、飽くまでも接着と炙りに拘って見ました💦

IMG_1158.jpg

IMG_1188.jpg

凹みの深い処は、リフトで上げたよ。
IMG_1189.jpg

IMG_1190.jpg

リフトで上げたりなかったね.....\(●´ω`●)\
IMG_1191.jpg

IMG_1192.jpg

時間短縮に挑戦ですが、少し納得行かない感じです f(;^ω^)_______。
今回は、炙り鈑金と接着引出鈑金を併用して修正して見た。
限界を見る為其の他の工具は、何も使って居ない。

写真では見難いが、結構な損傷であるよ(。◕ˇдˇ​◕。)/
ドアからのラインは、二筋の線の凹み。
IMG_1152.jpg

後部の損傷は、此のままで炙り出しを行えない凹みだね。
深さがマチマチなのが気に成る(;^ω^)\
IMG_1162.jpg

深い処は、接着して軽く引出炙りで起こせる様にしてからの炙り出し( ˘ω˘)メンドウだね。
IMG_1173.jpg

直接炙り出しが出来ない部分は、接着引出をしてからになった。
IMG_1167.jpg

今回は、凹み出しも炙り出しを試みた !!!
マズマズの結果が出た ..........極端に厚盛の処は無い様だね。
IMG_1176.jpg

今回は此の状態で、パテが度の位必要か試す為にパテスケールで付けて見た
IMG_1182.jpg
随分前の作業ですか、此の頃「接着引出」にはまって居た(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
中々巧く行かなかった思い出が有る \(;^ω^)\

「接着引出」「夢物語」「オートスタッドばんばん」を使い分けて作業する。
此れが、当時思い浮かべた鈑金だった。
此処に来て、未だ成長途上だが思いが叶いつつある。

【鈑金は絶対変わる、変えなければ、変えて遣る】その様な思いが、己を動かす(。◕ˇдˇ​◕。)

0000.jpg

0001.jpg

0003.jpg

0005.jpg

0008.jpg

0008.jpg

0012.jpg

0014.jpg

0015.jpg

0016.jpg
動画はhttps://youtu.be/X32e6apLFUQ此処ですよ。

【夢物語】を御使用の方で、未だFacebook【金の玉手箱】に会員登録頂いて居ない方は至急御申し込みをお願いします。
夢工房企画より、大切な御知らせが有りますので、登録を宜しくお願い致します。

【接着引出鈑金】は、日々進化を続けています\(*^▽^*)/

a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/b/s/1/bs100/IMG_0094_201512091916328c0.jpg" target="_blank">IMG_0094_201512091916328c0.jpg

IMG_9989_201512091916332fb.jpg

IMG_9990_20151209191634fb2.jpg

IMG_9991_201512091916367c7.jpg

IMG_9996_20151209191637e37.jpg



粗出しに接着引出は最高だね(*^。^*)//
150920講習会案内写真-001
150920講習会案内写真-002
150920講習会案内写真-003
道具と技術は有効に使おうぜ\(●^o^●)\
接着鈑金+半田=時間短縮だよ~!!!鈑金って楽しいね(笑)

「ファイト、一~発」(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾二発でした \(;^ω^)

01e4c1f2fea50b8995de41bbcc64f2dfde2ee08312.jpg

015f48e17c1fd3c9f24137ab0ef44448ee11f309f3.jpg

01a21cf9ef3686da3c28b7737b95c7de451bc5c4ef.jpg

01705e196b10a0af1cca129f526af814f3fb31c8e0.jpg

01c7d4c44491810ef7b760431df65d6e8d0da685e1.jpg

01419a2a231d3ff8f3a36240701df7da17fc4440de.jpg
半田さん、何時も有難う御座いますm(_ _)m届きましたか。
male address が飛んじゃって連絡の取れ無い方が、居るかと思います。
御願い・御迷惑をお掛けしますが、再度御連絡を御願いします。(/ω\)

IMG_9632.jpg
Sprex training video



夢工房企画から、提供中IMG_7726[1]




017fb_20151113052609386.jpg
多くの皆様に御迷惑を掛け続けて来ましたが、テストを重ね思う物が出来上がりました。
鈑金に置いて、大きな損傷を直すのが夢で有ります。


半田引出鈑金【夢物語】からオートスタッド【ばんばん】そして接着引出鈑金【のりのり君】と開発をして来ました。
其の目標は、大破したパネルの修正に向かって、時間短縮と仕上りの向上を目指して来ましたが、此処に完成と成った事に喜びを感じます。
線は線、点は点、丸は丸、四角は四角、面は面、全て元の形状を再現する為に試行錯誤の開発を進めて来ました。
初めて使用する方には、其の流れを覚える必要は有りますが、必ず時間短縮で大破を直す事が出来る事を信じています。

2009年11月から始めたブログですが、振返って見ると。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-41.html

購入頂いた方は、15年以上経った今でも使用されています。
http://bs100.blog63.fc2.com/blog-entry-59.html#more

もっと前から開発をしていた事が判ります。

此れからも、飽くなき探求を忘れず一層の工具開発を進めて行こうと思って居ます。

夢工房企画・接着引出鈑金【のりのり君】フルセット。納品させて頂きました。
半年もお待たせしたにも拘わらず、御購入頂きました事、誠に感謝で有りますm(_ _)m
IMG_9586.jpg

IMG_9585.jpg
接着鈑金が徐々に威力を発揮しつつ有る。

キューブのドア。
全損の為、リサイクル部品を探したが、同色が無く(;^ω^)叩く。
丁度、接着材の強度を見る為にも絶好の損傷だ。

講習では、 「縮んだ物は元に元してから鈑金しなさい」と指導して居るにも拘わらず。
行き成り接着引出を慣行(/ω\)当然出ないで二次損傷を作ってしまった(-ω-)/
01da5cdd904589f8a52192ecad6594ee0b28c85cb4.jpg

01c1eeba819b20df529bef4da577c340f2d3054134.jpg

01a1bfe83a31831da31cdd70288418477935268a83.jpg

いちから遣り直し。
先ず、縮んだドアを元に戻す作業、以前は半田で遣って居たが接着剤で挑戦。
0170c338a976641f1cbe393cdfe64bf74b9947383e.jpg

接着力て凄い「お見事」粗出し完了。
01a80a53d50974852c2e13f737ccd2dff015710c77.jpg

凹みを【ばんばん】で引き出す。
引きながら周りを叩くのが普通、でも引き上げる力の具合で平らな部分まで引いてしまうから、平らに成って行かない。
此の輪っかの大きさが物を言う、小さい円の中だけを引き上げる事が出来るのだ。
01d7612f9529a27b702bec9d83ef30a41800420cbf.jpg

凄く突起が有る様に見えるが、エイワの新型オートスタッドで、最低の0.1。
01e7585327e5d4a09a9004da501425c7a6380d0377.jpg

まあり高い処は少し潰したが、軽く鑢をあてる。
014c0f1fe961a2e13830e7e9068eb01af7019769be.jpg

スタッド痕は、電量が弱い性か可也浅い。
其の浅いスタッド痕が残っているのが判るよね、其れほど鉄板を削って無いと言う事。
此処でも、輪っかの良い処が出ているのが判りますか。引いた跡は均等に鑢が当たって居るでしょう。
低い所を五か所引きましたが、全て当たって居ますよね。此れが平らに成る秘訣です。
01c73a6457e96aadefc6fbb15cee0b4e88521bb59c.jpg

最後に、120番で全体を仕上げる。
014a79059e49178b9259d1e2625f305e15f8aa7a67.jpg

01ff8fc4c35fc749bfaf0f874df6b6b3098754ee7a.jpg

耳が外れそうになったので、荒療治だがスポット溶接してしまった(゚д゚)!
後処理は、盛り半田で逃げちゃった(-_-;)\
013d1409c05a4df1e9f4e80d8edd75a4456a37de27.jpg

今回は、複雑な逆アールの部分だったが「面です」と言う作業が、後の作業を簡単にする事が判った事は収穫である\(●^o^●)/
01618bd480368af4495e4c612148576b0bd87ad04d.jpg

この後は、フェンダーを組んで細かいチリ合わせで終了です( ^)o(^ )お疲れ様でした。

最後に、手を抜くと後で時間が掛かる・仕上りが悪い事を実感した作業でした。
     「一二三四五、手順は守りましょう」
バックパネルも何の其の、パテ無しとは行かないが、スタッドとは一味違うね。

7㎜以上の凹みがバックパネル全体に波及して居て、補強材の数か所に有るが補強材ごと引出て遣りました。
大きな引きが二回、小さな引きが五回\(◎o◎)/!角はの深い折れは半田でGOODてなわけ。
引いた跡の肌が溜まらんね、惚れちゃいました(笑)

IMG_9410_201510291316191f2.jpg

IMG_9411.jpg

IMG_9412.jpg

IMG_9419.jpg

強力に付き過ぎ、剥がすのが大変(*ノωノ)でもないよ !!!
動画
https://youtu.be/d6Ro7INK430
以前のセットより充実して再登場。
「痒い所に手が届く」大から小までの損傷をカバーします。

利点➡柔らかいので凹みにフィットします。
欠点➡柔らかいので中心が出て、回りや上下が残る場合が有ります。
***硬い物との使い分けが重要かなって感じです(*^▽^*)
下右の引き治具は先着20名様限定で付属します(/ω\)
(ベースのネジをインチのアイボルトに変えると便利かな)

017fb.jpg
皆さんには大変御迷惑をお掛けして居ましたが、如何にかスタートできそうです、
此れに、大破修正用のタブを追加すれば完成です。
遠距離講習も、寒く成って来たのでそろそろお暇を頂き、製作に頑張りたいと思います。

画像をダブルクリックすると、大きく成ります。

価格無デントセットカタログ価格価格無デントチェックシート02価格無大型デントタブ01

おまけ
http://bs100.blog63.fc2.com/imgs/20131207THHeD6Jv
「小林スペシャル」本日入荷致しました。

お待ち頂いた方がには、随時お届け致しますので、暫くお待ちください。
黒ちゃん、お待たせ~。一番に送ります Y(*^▽^*)/

IMG_8339.jpg
皆さんには大変ご迷惑をお掛けして居ます。
18日間不投稿の恥かしい事態です(;^ω^)___。

海外供給の為、思う様に進まなくイライラの連続です。
其処で、自社開発加工の物で対応する事に致しました。

下の写真の様に、接着引出鈑金は優れた引出をする事が出来ます。
此のサイドシルは、テストで引いた物で実際は交換して居ますが、修理で十分対応出来ると確信しました。

マツダMPV・CWEFW サイドシル(ビラーカンケイアリ)¥35,100取替¥39,100、此れに塗装¥41,900(チッピンクコートフクム)。凄い金額ですね !!。
時間を掛けて鈑金しましょ(*^▽^*).......。
どんな損傷も時間を掛ければ直ります。
時は金成り、丁寧に直しましょ......ユウザーも喜びます。
鈑金する意味をユーザーにお話ししましょ......。
ユーザーは、理解してくれると思います。

鈑金って面白いですね\(*^▽^*)/

IMG_7332.jpg

引くベース(タブ)が柔らかいと、平らに出ず真ん中が出てしまうのが、面白くない。
IMG_7344.jpg

硬いベースだと、糊を多く使う必要があるが、糊は再利用可能である。
IMG_7359.jpg

IMG_7372.jpg


IMG_8241.jpg

IMG_8243.jpg

IMG_8245.jpg

IMG_8246.jpg
Gleu Tryのミニ講習会を自社で11日開催致します。
夕方三時より五時迄、超過するかも知れません\(*^▽^*)/

IMG_8021.jpg

IMG_8030.jpg